フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートのエクステリア画像をディーラーにて見てきた!クロスオーバーモデルの開発も進められている模様

各ディーラーにも少しずつ新型ノートの画像も追加配信されているようだ

いよいよ2020年12月23日に発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノート(Nissan New Note)ですが、いつもお世話になっている日産ディーラーより、新たなエクステリア画像が配信されたとのことで、早速その姿を拝見してきました(撮影NGなので画像はこれまでスパイショットされてきた開発車両を参考)。

実車画像を見ての新型ノートのサイズ感やスタイリングとしては、現行モデルとほぼ変わらないサイズ感となるそうで、全長は現行4,100mmよりも少し短くなる5ナンバーコンパクトハッチバックとなりますが、全長が短くなったことで「ハッチバック」というよりも「クロスオーバー」に近いスタイリングに。

あとは車内長や幅、高さもほぼ現行と変わらないとのことなので、現行モデルからの乗り換えでさほど違和感の無いように意識して設計しているとのこと。

新型アリアとほぼ同じデザイン言語で、新型ノート独自の個性も

続いてフロントマスクについてですが、これまでスパイショットされてきた開発車両と全く同じ顔つきで、やはり2021年中頃に登場予定となっている新型アリア(New Ariya)に似たデザイン言語で、スタイリッシュなVモーショングリルとオプションのLEDヘッドライト、”へ”の字タイプのLEDデイタイムランニングライトの組み合わせはカッコ良く、現行ノートよりもより攻めたデザインに仕上げられていると感じました。

新型ノートに関する最新情報はコチラ!

ハロゲンヘッドライトを装備した新型ノートの顔つきは?更にクロスオーバー仕様の新型ノートの派生版も登場する?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう