フルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4が2020~2021日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞!その他の受賞はHonda eやプジョー新型208、マツダCX-30

まさかの2020年~2021年の日本カーオブザイヤーはホンダ新型フィット!

毎年特定非営利活動法人・日本自動車殿堂が主催する日本自動車殿堂カーオブザイヤーにおいて、2020年~2021年にはホンダのフルモデルチェンジ版・新型フィット4(Honda New FIT4)が受賞したことが明らかとなりました。

なお2020年~2021年のカーオブザイヤー10ベストカーに受賞されたモデルは以下の通りとなりますが、この中で新型フィット4が受賞した理由は3つあるようです。

●株式会社SUBARU【スバルレヴォーグ】
●トヨタ自動車株式会社【トヨタヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス】
●日産自動車株式会社【ニッサンキックス】
●本田技研工業株式会社【ホンダフィット】
●マツダ株式会社【マツダMX-30】
●アウディジャパン株式会社【アウディe-tronSportback】
●ビー・エム・ダブリュー株式会社【BMW2シリーズグランクーペ】
●ニコル・オートモビルズ合同会社【BMWALPINAB3】
●ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社【ランドローバーディフェンダー】
●GroupePSAJapan株式会社【プジョー208/e-208】

via:日本カーオブザイヤー

新型フィット4がカーオブザイヤーを受賞した理由とは?

そして新型フィット4がカーオブザイヤーを受賞した理由は以下の通り。

[受賞理由]
1:新世代向け高効率・低燃費2モーター式e:HEV
2:実用性と安全性に優れたパッケージング
3:シンプルで快適な先進の安全運転支援システム


今年2月に発売したフィットは、歴代フィットが築き上げた優れた性能や、コンパクトカーとは思えない圧倒的な室内空間・ユーティリティーの高さなど、高い機能性は継承しつつ、よりお客様に満足していただけるクルマへと生まれ変わることを目指して開発。

お客様が本当は何を求めているのか追求する中で、クルマでの移動においてもリラックスや癒しを求めているという潜在的なニーズにたどり着き、そのニーズに応える「心地よさ」を新たな提供価値として掲げ、Hondaならではの独創的な技術を織り込むことにより、具現化しました。

via:Honda

更にカーテクノロジーオブザイヤーやインポートカーオブザイヤー、そしてカーデザインオブザイヤーに受賞したモデルは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう