フルモデルチェンジ版・スズキ新型ソリオ/バンディットの先行予約は順調のようだ。但しあの装備が採用されないことで他メーカーに流れることも

2020-11-23

新型ソリオ/ソリオ・バンディットは良くも悪くもかなり注目を集めている

いよいよ2020年11月25日に発表、12月4日に発売予定となっている、スズキのフルモデルチェンジ版・新型ソリオ(Suzuki New Solio)/ソリオ・バンディット(New Solio Bandit)ですが、発表間近と言うことでスズキ公式HPでもカウントダウンページが公開されています。

更にいつもお世話になっているスズキディーラーの情報によると、新型ソリオ/バンディットは発表前から多くの問い合わせや先行予約が入っているそうで、特に11月21日~23日の3連休では商談予約が多数入っているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

現行ソリオ/バンディットのオーナーがほとんどとのことで、なかにはクロスビー(XBee)からの乗り換えを検討している方も多いそうですが、それだけ今回の新型の注目度も高く、デザイン性においてもかなり攻めたものになっているので、新しもの好きの方にはタマラナイ一台なのかもしれません。

▽▼▽関連記事▽▼▽


かなり期待されていたモデルなだけに厳しい意見も

ただその一方で、今回の新型ソリオ/バンディットをかなり期待していた人も多かったのか、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが採用されなかったり、安全装備SUZUKI Safety Supportでは「車線逸脱抑制機能/車線維持支援機能/ブラインドスポットモニター/リヤクロストラフィックアラート」が標準装備されなかったりで、最も重要とされていたものが採用されないことで不満に感じている方も多いようです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その結果、現行ソリオ/バンディットを乗り続ける方もいれば、競合モデルとなるトヨタ新型ルーミー(Toyota New Roomy)に乗り換えるなどの意見もあるそうで、こういった「ユーザーの意見を多く取り入れる」ところは、もっとスズキが力を入れるべきところではないかと思います。

新型ソリオ/バンディットの良いポイントや、グレード別主要装備のおさらいなど、気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう