フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの売却手続き完了。6か月点検やコーティング、洗車などを最後にお別れすることに

新型ハリアーが納車されて半年経たずに売却してしまうとは…

さて、2020年7月初旬に私に納車されたトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、前回のブログにてお伝えした通り売却の手続きが完了しました。

正式な売却は12月に入ってからになるため、それまでは「〇〇kmの走行距離までなら乗って大丈夫」とのことでお約束を頂き、とりあえず手放す前に個人的に完了しておきたかった納車後半年点検と洗車、コーティング、そしてガソリン満タンにて手放すことにしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ハリアーはメジャー過ぎるクルマだからこそたくさんの方に見て頂けた

正直、このような形で手放すのは全く予想もしていなかったのですが、上のブログを公開したことで数多くの方からコメントや問い合わせを頂き、励ましのお言葉や厳しいお叱りを頂きました。

ただその一方で、それだけ新型ハリアーの記事を見て頂けた方が多くいらっしゃったことは事実ですし、見て頂けた方々には感謝しております。

ホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)ではこういったことで売却するところまではありませんでしたが、ハリアーのことで素直に思うことを書けば書くほどに、ハリアーファンの方々を不快にさせ、その結果脅迫・殺人予告などのメッセージが多くなり、なかには個人情報を特定するといった恐ろしいメッセージも来ていました。

とりあえず新型ハリアーを売却するまでの今後の予定はどうするか?気になる続きは以下の次のページにチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう