【価格は469.7万円から】ミツオカ(光岡自動車)新型バディが2020年11月26日に発売スタート!アメ車風デザインでトヨタ新型RAV4ベースの内装はこうなっている【動画有】

遂にミツオカ初のSUVモデル・新型バディが発売スタート!

2020年9月末に、光岡自動車(ミツオカ)が同社初となる新型SUV・バディ(Mitsuoka New Buddy)に関するティーザー画像を公開していましたが、この度2020年11月26日に発売スタートとなりました。

新型バディは、これまでミツオカが生み出してきたクラシカルデザインやパーソナルユースの趣向が強いポイントを活かし、機能性や利便性を兼ね備えたSUVとして新しくラインナップされます。

サーフィンやスキーといったアウトドアに適したオフロードSUVでもありますが、その見た目はまさに昔のアメ車を想起させるシボレー・タホ(Chevrolet TAHOE)風で、しかし武骨さの中に隠れたボディラインをいくらか見ていくと、何とベースとなるモデルはトヨタ新型RAV4となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


改めて新型バディの概要をチェックしていこう

前回のブログでもお伝えした通り、新型バディのベースはトヨタ新型RAV4となるため、プラットフォームはTNGA-Kを採用し、ボディサイズは新型RAV4よりも少し大きめとなる全長4,730mm×全幅1,860mm×全高1,685mm、ホイールベース2,690mm、そして最低地上高は200mmとなります。

パワートレインもRAV4同様に排気量2.0L 直列4気筒直噴エンジン(最高出力171ps/最大トルク207Nm)のガソリンエンジンタイプと、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドタイプ(エンジン出力178ps/エンジントルク221Nm)の2種類をラインナップします。

ところで新型バディのネーミングの由来は?

ちなみにBuddy(バディ)というネーミングは、その人の物語にそっと寄り添い、そばにいてくれる相棒であってほしいという想いが込められているそうで、現代の街並みにも映えるような個性的な一台になることは間違いなさそうですね。

新型バディのインテリアもチェックしていこう

続いては最も気になっていたであろう新型バディの内装ですが、やはりベースがRAV4ということもあり、インテリアパーツのほとんどがRAV4そのまま。

ステアリング中央のホーンにはミツオカのエンブレムが貼付されますが、それ以外のディスプレイオーディオやエアコン関係、更にはメーター関係もRAV4と共有ですね。

シートはオプションのフルレザーとなっていますがこの辺りは唯一のミツオカのオリジナルデザインでしょうか。

気になる新型バディのボディカラーやグレード別価格帯、メーカーオプションと価格は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう