フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーを売却するまでにかかった維持費はどれぐらい?給油回数5回分のガソリン代、保険代、メンテナンス代全て計算してみた

新型ハリアー・ガソリンを所有してのリアルな維持費はどれぐらいなのか計算してみた

さてさて、2020年7月上旬に納車され、2020年11月末に売却してしまった私のトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)ガソリンZ”Leather Package”(FF)ですが、売却するまでにリアルに掛かったガソリン代や保険代、メンテナンス費用全てを計算してみたいと思います。

ちなみに私は新型ハリアーをキャッシュ一括にて購入しているため、月々のローンは発生していませんが、新型ハリアーの所有している人やこれから納車予定の人、今後購入予定の人は、「新型ハリアーのガソリンモデルを所有するとこれだけの維持費がかかるのか…」というおおよその費用感を掴んでいただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ハリアー・ガソリンの給油回数とトータルのガソリン代を見ていこう

まずは新型ハリアー・ガソリンZ(FF)を約2,600km走行させてのトータルのガソリン代を見ていきましょう。

基本的に給油するタイミングは、給油警告灯ランプが点灯してからで、その後必ず満タン給油しているので、給油回数は5回と最小限に抑えています。

1回目給油:6,833円(52.97L給油/走行距離74km)
2回目給油:6,608円(50.44L給油/走行距離671.2km)
3回目給油:6,487円(51.08L給油/走行距離638.3km)
4回目給油:6,638円(53.53L給油/走行距離700.1km)
5回目給油:4,813円(38.50L給油/走行距離504.4km)

5回給油分のガソリン代:31,379円

約2,500km走行しての給油回数が5回に対して、トータルのガソリン代は31,379円という結果に。

個人的にこの金額は結構安い方だと考えていて、新型ハリアーの最大燃料タンク55Lに対しての生涯平均燃費は13.5km/L。

つまりは無給油にて最低600kmは走行可能ですし、長距離移動が多ければ燃費も伸びて700kmぐらいはクリアできると思います。

WLTCモードで15.4km/Lなので、カタログ燃費までは追いつけなかったものの、それでも×0.9ぐらいの実燃費ですからね。2.0L直噴エンジンにしては十分なところだと思います。

おまけにガソリンもレギュラーですから経済的ですし、長距離移動の頻度が多ければもっと燃費はよくなっていたかもしれませんね。

なおこれまでの詳細な燃費記録は、全て以下にてまとめていますのでご参考までに。

新型ハリアーの燃費記録と維持費関連記事はコチラ

この他保険代やメンテナンス費用、そしてトータル維持費はどれ位になった?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう