松本日産店にて12色のフルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe-POWERが特別展示中!実車をまとめて見れるのはココだけだ!【動画有】

改めて全色の新型ノートe-POWERが並べられると圧巻

2020年12月23日より発売スタートしている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissan New Note)。

ほとんどの日産ディーラーでは、展示車1台~2台、試乗車1台~2台が配備されている状態ですが、2020年12月12日にグランドオープンした長野県の松本日産 松本店さんでは、何と全13色の内の12色が特別展示されています(今回展示されていない1色が気になる…)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ほぼ全色の新型ノートe-POWERが展示されているのは、日本全国でも松本日産 松本店さんだけとのことで、最寄りの方は一度足を運んでみてはいかがかと思います。

ちなみに松本店さんにて特別展示されている新型ノートe-POWERは、全て上位グレードX(2WD)のみ。

見分け方としては、足もとの16インチホイールカバー付き鉄チンホイールにスリットが入っていることと、あとはトップルーフにシャークフィンアンテナが装備されていること(S/Fグレードはポールアンテナタイプ)。


早速全12色の新型ノートe-POWERを見ていこう

早速特別展示されている新型ノートe-POWER全色を見ていきましょう。

手前からガーネットレッド(X/Sのみ選択可)、プレミアムホライズンオレンジ(Xのみ選択可)。

光りの差し加減にもよりますが、ガーネットレッドがオレンジっぽくも見えますね。

こちらは左からバーガンディ(Xのみ選択可)、右側がオリーブグリーン(Xのみ選択可)。

バーガンディも光の差し加減によって色味が大きく変化しますが、ワインレッド系というよりも小豆色に近い感じですね。

こちらは左からオーロラフレアブルーパール(全グレード設定可)、右側はオペラモーブ(Xのみ選択可)。

オペラモーブはスーパーブラックとの2トーンは確認済みですが、オペラモーブのみのモノトーンは初めて。

女性や高齢層からの人気が高そうな色合いです。

続いては、左からスーパーブラック(全グレード設定可)、右側がダークメタルグレー(全グレード設定可)。

ダークメタルグレーはブリリアントシルバーとの見分けが難しいかな?と思ったりもしましたが、いざ並べてみると結構違いが明確で、個人的にダークメタルグレーの方が渋めで引き締まった印象があって好み。

続いては、左からブリリアントシルバー(全グレード設定可)、右側がピュアホワイトパール(全グレード設定可)。

ブリリアントシルバーの色合いがホワイトに近く、何れもボディのダイナミックさが上手く表現されていますね。

車内に展示されている残りのカラーと、13色の内1色だけ展示されなかったカラーは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう