今日のプリウス…北海道にて逆走してきたプリウスが停車したタクシーと接触→当て逃げ→飲酒運転の可能性?更に首都高ではスバル・レガシィが事故で大炎上【動画有】

年末にこのような逆走事故に巻き込まれるのは、あまりにも理不尽

2020年12月28日の23時30分頃、北海道札幌市東区の公道にてタクシーが走行していたところ、前方から逆走してくるトヨタ・プリウス(Toyota Prius)が登場し、タクシーと衝突→そのまま当て逃げする事故が発生。

上の画像にもある通り、ブラックのプリウスがノロノロと逆走しているのがわかるかと思いますが、その前にタクシーのドライバーは「前方から逆走車が近づいてくる!」と感じ、公道の一番左端にて一旦停車します。


なぜこんなに道路幅が広いのに、プリウスは衝突してしまったのか?

しかしながら、プリウスのドライバーはタクシーの存在に気付いていなかったのかは不明ですが、十分避けるスペースがあるにも関わらず衝突。

これを見るに、もしかするとプリウスのドライバーは飲酒運転や薬物接種、もしくは体調を崩していた可能性がありますが、衝突した後に逃走したとなると、やはり飲酒運転もしくは薬物接種の可能性が高そう(体調不良であれば、まだ衝突したという認識はあると考えられる)。

こちらはタクシー車内を撮影するために設けられたドライブレコーダー。

縦型基調のリヤテールランプであることから、50系プリウス前期であることがわかりますが、当て逃げされた側からすると決して良い気分ではないですし、なぜ当て逃げしてしまったのが非常に気にあるところです。

タクシーの運転手は無傷ながらも、むち打ちの恐れも

なお今回の事故で運転手に大きなけがはありませんでしたが、警察には通報しているとのこと。

タクシーの運転手は「本来なら一番安全に走れる(一番左の)ラインに入ってきて、そのまま直進してきたのはびっくりした」「寝て起きたら、首筋から肩にかけて痛みが出てきた」などとコメントしています。

【「逃げられた」深夜の逆走車がタクシー“当て逃げ” ドライブレコーダーに一部始終 (20/12/29 18:45)】

最も恐れていた年末の事故が首都高にて…しかも大炎上。気になる続きは以下の次のページにてチェック!