フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型SLクラスの開発車両をスパイショット!ヘッドライトは個性的で押しの強いデザインに?

カモフラージュはかなり薄く、改めてトップルーフはハードトップからソフトトップに変更へ

2021年に発表予定と噂のフルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型SLクラス(Mercedes-Benz New SL Class)ですが、2021年初めて開発車両がスパイショットされています。

これまでカモフラージュもかなり分厚めで、フロントヘッドライトデザインなどは明確になっていなかったものの、今回スパイショットされた開発車両は少し偽装が薄くなり、フロントヘッドライトやリヤテールランプ、そしてトップルーフの種類もある程度明らかになっています。


新型SLクラスは押し出しが強く重厚感のある顔つきに?

こちらが、2021年に初めてスパイショットされた新型SLクラスの開発車両。

現時点では、明確なデザインやテクノロジー、パワートレインなどは判明していないものの、現行モデルに比べてヘッドライト周りやフロントグリルパターンが大きく変更されることは間違いなさそう。

更にフロントグリルからはラジエーターグリルが部分的に見え、グリルパターンもパナメリカーナグリルを採用しているため、恐らくハイパフォーマンスグレードのAMGだと予想されます(フロントバンパーの両サイドに設けられている赤のマーキングがAMGの証?)。

フロントヘッドライトを見ていくと、LEDデイタイムランニングライトが非常に切れ長でストレートっぽくも見えますが、一部カモフラージュの影響でL字部分が隠されている可能性も。

ただ全体的に見ていくと、(エアインテークもカモフラージュされているからなのか…)フロントバンパーは非常に押しが強く、これまで以上に重厚感を持たせた2ドアクーペスタイルになると思われ、先代と大きくキャラクターを変えてくるのかもしれません。

GT感強めのロングノーズ・ショートデッキスタイルはSLクラスならでは

サイドビューはこんな感じ。

フロントノーズは非常にロングで伸びやかですし、リヤもショートデッキスタイルでスポーティ。

足回りのサスペンションもテスト走行用に落とし込んでるのだと思われますが、量産モデルは流石にフロントのホイールハウスのクリアランスは大きめになると思われます。

更にトップルーフを見ていくと、現行のハードトップとは異なりソフトトップに変更され、部分的な軽量化によりパフォーマンスの向上が期待されます。

新型SLクラスのリヤデザインやパワートレインはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう