フルモデルチェンジ版・スバル新型BRZの特許画像(量産モデル)が遂に解禁!コンセプトモデルとほぼ同じで右ハンドル仕様…アメリカ市場向けとは異なるぞ【動画有】

コンセプトモデルとほぼ同じ!スバルの本気度が伝わってくる究極の2ドアスポーツクーペ

2020年11月18日に世界初公開された、スバルのフルモデルチェンジ版・新型BRZですが、遂にこのモデルの量産デザインと思われる特許画像が公開されています。

しかもアメリカ市場向けではなくオーストラリア特許庁(Australian Government IP)より公開されたモデルとなるため、左ンハンドルではなく右ハンドル仕様というところも注目ポイントです。

早速オーストラリア特許庁より公開された特許画像にて、プロトタイプモデルと比較してみて異なるポイントなどがあるかをチェックしていきたいと思います。


はっきり言ってコンセプトモデルとの違いを見つけることが難しいぐらいにキープコンセプト

まずは特許庁より公開された新型BRZのフロントマスクを見ていきましょう。

スバル特有のC字型LEDデイタイムランニングライト(ポジションライト?)や二眼風に見えるLEDヘッドライト(内側はLEDウィンカー)、更に口角が上がったようなフロントグリルと逆L字型のフロントエアインテークを見ていくと、この辺りはコンセプトモデルと全く同じ。

排気量2.4L 水平対向4気筒エンジンをかなり低い位置に搭載することにより、フロントフードの位置と重心を下げていて、フロントフェンダー周りのコンモリとした抑揚もコンセプトモデル同様に上手く引き継がれていると思います。

ちなみにこちらが新型BRZプロトタイプ。

ほぼほぼ量産モデルへと受け継がれた見事な一台となりますが、元々のコンセプトにあった低重心・軽量・シャープなハンドリングといった2ドアスポーツクーペに必要な要素を上手く体現した一台で、更に空力特性を向上させるためにボディの凹凸を可能な限り無くして、曲面を付けたフラッシューサーフェス化しているところもポイントです。

リヤデザインやインテリアもコンセプトモデルと全く同じ?日本での市販化は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう