被害総額は約3,000万円…滋賀県にてトヨタ・プリウスがあおり運転でトラックに急ブレーキ→追突は回避するも荷崩れ・破損で大損害【動画有】

大型トラックは別の車両を追い越すために追い越し車線を走っていた?

さてさて、2020年6月30日のあおり運転(妨害運転)厳罰化がスタートしたにもかかわらず、一向に減ることなく頻繁的にニュースや新聞などでも話題になっていますが、先日は神奈川県某所にてトヨタ・アルファード(Toyota ALPHARD)が悪質な煽り運転を繰り返していました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回は、滋賀県の京滋バイパスにてトヨタ・プリウスα(Prius)が大型トラックに対して悪質なあおり運転を行い、危うく事故寸前…多額の損害が発生する事態にまで発展しています。

一体プリウスαは、どのような悪質なあおり運転を行っていたのかチェックしていきましょう。


追い越し車線から突然トヨタ・プリウスαが現れた

コチラが実際に大型トラックによって撮影されたドライブレコーダーの映像。

2021年1月14日の日中、滋賀県・京滋バイパスの追い越し車線を走行し、その後中央車線へと戻っていく大型トラック。

恐らくは真ん中の走行車線に別の車両が走っていたと思われ、それを追い越すために追い越し車線を走行していたのだと思われます。

その後トラックは、追い越し車線から真ん中の走行車線へと変更し、法定速度にて走行を続けます。

しばらくすると、右側から白いコンパクトカーのようなものが、ウィンカーも出さずにいきなり真ん中車線へと変更していきます。

しかも大型トラックと接触してもおかしくないレベルの強引な車線変更で、この時点で極めて悪質(追い越し車線には、プリウスαの後ろに車両は居なかった模様)。

プリウスαがいきなり急ブレーキ!

すると、プリウスαがいきなり急ブレーキを仕掛けてきます。

プリウスαの前方には何もなく、これも悪質で危険な行為(報道では逆煽り運転と説明)。

これに驚いたトラックドライバーも、すぐに急ブレーキをして車線を左側へと変更していきます。

大型トラックはプリウスαとの衝突を何とか回避するも…トラックにある積み荷が…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう