全く減らない…香川県にて、今度は白いミニバン(日産セレナ)が過激なあおり運転→なぜここまで悪質なあおり運転へと発展したのか【動画有】

あおり運転は社会問題の一つであり、即免許取り消しとなる危険運転なのにナゼ減らない…

2020年6月30日のあおり運転(運転妨害罪)厳罰化により、相手車両に悪質なあおり運転(幅寄せや執拗な車間詰め、公道にて無理やり降車させるなど…)を行う場合は、即刻免許取消し処分を受けるほどの重罪となりますが、これだけ社会問題へと発展しているにも関わらず、2021年1月に入ってもあおり運転の被害報告が後を絶たないようです。

2021年1月11日の夜、香川県・丸亀市の国道を走行していたドラレコ搭載車ですが、後続から白いミニバンが猛スピードにて追いかけてきては、執拗にパッシングを繰り返してきたり、車間距離を詰めてきたりと非常に危険な運転を繰り返してきます。

▽▼▽あおり運転関連記事▽▼▽


猛スピードにて接近してくる白いミニバン…約10分間にも及ぶあおり運転が始まる

こちらが実際にあおり運転をしてきた白いミニバン。

ここからだと車種は分からないものの、右側車線からスピードを上げて撮影車両に近づいてきます。

いきなり車線変更をして距離を詰めてくる白いミニバン。

他の車両も走行しているにも関わらず、周りのことなど一切関係なく前方車両との車間を詰めて圧力をかけているようにも感じられます。

これだけ悪質な運転が繰り返されるということは、ドラレコ搭載車のドライバーにも「あおり運転を受けるような落ち度」があった可能性もありますし、それだけ白いミニバンのドライバーを怒らせる行動があったのかもしれません(意図的ではなく、知らず知らずの内に事故を誘発するような運転をしていた恐れも?)。

こうしたあおり運転が行われる以前の動画を公開しないメディア・マスコミに対して不満はあるものの、何れにしても、ここまで悪質で危険な運転を繰り返す白いミニバンに問題があることは間違いなく、上の画像のように追い越し車線から執拗に幅寄せを繰り返すなど、いつ大事故が起きてもおかしくない状態です。

追い越してきてからの執拗なブレーキであおり運転を繰り返す白いミニバン(日産セレナ)…このような事態になった理由・原因は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう