完全リークされたフルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの特許画像2種類。ディーオプションにて準備されているアーバンスタイル/カジュアルスタイル装着モデルの可能性も?

2種類のグリル意匠が準備されている理由には、販売国での差別化やディーラーオプション等が考えられる

2021年2月18日にデジタルワールドプレミア予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、このモデルの特許画像(パテント)が発表直前に完全リークされ、更にはフロントグリルパターンが2種類準備されていることも明らかになっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

現時点では、なぜ2種類のグリル意匠が準備されているかは明確になっておらず、一方は水平基調のグリルパターンを設け、もう一つのドット柄はアキュラのペンタゴングリルのようにも見えるため、もしかすると国内&欧州仕様と、北米仕様にて分けられる可能性も考えられそう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その一方で、もう一つ考えられるのがディーラーオプションパーツなのですが、具体的にどういったオプションが準備されているのかチェックしていきましょう。


まずは水平基調とドット柄グリルの違いをおさらい

コチラが完全リークされたホンダ新型ヴェゼルの特許画像。

押し出しの強いフロントマスクに加え、フロントノーズを延長することでスポーツハッチバックのようなスタイリングに見せていますが、デザインだけを見てしまうとマツダCX-5/CX-8のようにも見えたり。

また先代ヴェゼルではグレードによって差別化されていたカラードフェンダーですが、今回の新型ヴェゼルでは素地ブラックのフェンダーモールを装着しているのが確認できますね。

そしてこちらが、アキュラ風のドット柄グリルが設けられた新型ヴェゼルの特許画像。

スポーティ且つアメリカンな顔つきにも見え、チンスポイラーのアクセントとウィングレット風のエアロパーツが何とも個性的。

ホンダがディーラーオプションにて準備するであろうエアロパッケージにも見えますが、よくよく考えてみると新型ヴェゼルではアーバンスタイル(Urban Style)とカジュアルスタイル(Casual Style)のの2種類をラインナップ予定で、このエアロパーツを装着した特許画像がリークされた可能性もありますね。

グリル意匠の変更が可能なオプションは、新型オデッセイでも販売済み

参考までに、ビッグマイナーチェンジ版・新型オデッセイ(New Odyssey)も、ディーラーオプションにてメッシュグリルパターンのフロントアッパーグリルをラインナップしているため、この類の可能性も十分に考えられそう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ホンダがラインナップ予定のアーバンスタイル/カジュアルスタイルには、どういったエアロパーツが準備され、どういったコンセプトになる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう