かなりイケてる!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルのイメージレンダリングが続々と公開中!実車もかなり期待できそうだ

新型ヴェゼルは想像以上にカッコいいデザインに仕上がるかもしれない

2021年2月18日にデジタルワールドプレミア予定となっている、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel、海外名:HR-V)ですが、先日発表直前に特許画像が完全リークされ、その姿が明確になりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

更に海外カーメディアを筆頭に、モノクロカラーの特許画像に色味を付けた完成イメージレンダリングが公開され、新型ヴェゼルの注目度が高まっているように感じられますが、今回も様々なメディアやデジタルアーティストによる(特許画像をベースにした)完成イメージレンダリングが公開されています。

早速どういったデザインに仕上げられているのか、チェックしていきましょう。


新型ヴェゼルの完成イメージレンダリングを見ていこう

まずはこちらの新型ヴェゼルの完成イメージレンダリングから見ていきましょう(ページはコチラ)。

ボディカラーはルナシルバーメタリックに近い色合いで、Aピラー/Bピラーなどは無塗装の素地ブラック、そしてトップルーフにはルーフレールやサンルーフが設定されています(タルガトップルーフっぽく見えてカッコいい)。

フロントバンパー周りも見ていくと、ハニカム形状のフロントグリルに対し、水平基調のグリルパターンはメッキ加飾ではなく素地ブラック、そして両端のウィングレットやフェンダーモールも素地ブラックに仕上げられていますが、全くチープに見えず、寧ろメリハリがしっかりと付けられたスポーティな外観に(フロントヘッドライトもキリっとしている)。

足もとのアルミホイールも、おそらく上位グレードe:HEX Z/e:HEV PLaYをイメージした18インチアルミホイールだと思われますが、シングル5スポークタイプにシルバーとブラックのメリハリを付けているところもグッド。

新型ヴェゼルは発表から賛否が分かれているようだが…

ちなみにこちらが、完全リークされた新型ヴェゼルの特許画像。

新型ヴェゼルの特許画像がリークされて以降、SNSなどでは「マツダっぽい」「ホンダの個性が見られない」といったマイナスコメントも多々ありますが、個人的にはかなり攻撃的で思いきった感があると考えていて、コンパクトSUV市場を盛り上げてくれる一台になるのではと考えています。

完成イメージレンダリングのリヤビューは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう