これがフルモデルチェンジ版・インフィニティ(日産)新型QX60?曙ブレーキが20年に渡り11万件以上のデータ改ざんを行っていたことが明らかに

既にティーザー動画も公開され、近日中に新型QX60の量産モデルが発表される?

2020年9月25日に世界初公開されたインフィニティ(日産)のフルモデルチェンジ版・新型QX60モノグラフ(Infiniti New QX60 Monograph)ですが、このモデルの量産仕様をイメージしたレンダリングが早くも公開されています。

今回のレンダリングを公開しているのは、ロシアのデジタルアーティストでお馴染みKolesa.ru氏で、これまでスパイショットされてきた開発車両の特徴や、過去に公開されたコンセプトモデルQX60モノグラフの要素を取り込んだ、現実的で完成度を高めたレンダリングとのこと。

早速どういったデザインに仕上げられたのかチェックしていきましょう。


これが量産仕様の新型QX60?

こちらが今回公開された新型QX60の量産モデルをイメージしたレンダリング。

デザインベースはほぼコンセプトモデルと変わらず、シャープで切れ長なフロントヘッドライトや大口化されたフロントグリル、縦型基調のサイドエアインテークは流用され、フロントスキッドプレートはメッキ加飾から素地ブラック?に変更されています。

気になるプラットフォームについては、日産のフルモデルチェンジ版・新型パスファインダー(Nissan New Pathfinder)と同じDプラットフォームの可能性があるとのことで、一方でパワートレインは排気量3.5L V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力295hpを発揮、トランスミッションは新開発となるZF製9速ATが搭載されるとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

リヤは新型アリアをイメージさせるセンター直結風に?

こちらが新型QX60のリヤデザイン。

リヤテールランプもコンセプトモデルに倣いつつも、どことなく新型アリア(New Ariya)に近いセンター直結風が採用されて先進的に。

マフラーフィニッシャーも両サイド2本出しですが、その中で更に2本出しになっているのか、それとも片側一本出しのフェイク仕様なのかは不明。

気になる新型QX60の発売時期ですが、2021年後半ごろより北米市場を中心に発売される予定となっています。

あの国内トップシェアを誇っていた曙ブレーキが、約20年に渡り11万件以上のデータ改ざん!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう