2022年モデル・レクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型IS500 F SPORTデビュー!5リッターV8エンジン搭載、IS Fと同じマフラー4本出しに【動画有】

新型IS500 F SPORTは、パワートレインやスペック、マフラー位置までがIS Fそのものだった

さてさて、以前より大きな話題となっていたレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型IS500 F SPORTが、日本時間となる2021年2月23日午前1時に世界初公開されました。

今回発表された新型IS500 F SPORTは、北米市場限定のハイパフォーマンスF SPORTモデルとなり(IS350同様にF SPORTグレードのみ)、レクサスのハードコア版となる新型IS Fとは異なるものの、スペックやパフォーマンス、そして両サイド斜め2本出しとなるクワッドエキゾーストシステムは、完全にIS Fの再来ともいえるポイントだと思います。

早速新型IS500 F SPORTの内外装デザイン、スペックなどをチェックしていきましょう。


新型IS500 F SPORTのエクステリアと、ダイナミックなエンジンをチェック

こちらが今回世界初公開された新型IS500 F SPORTのエクステリアデザイン。

フロントマスクは、従来新型IS300/IS300h/IS350のF SPORTグレードと同じで、フロントのスピンドルグリルはメッシュデザイン、グリルフレームは漆黒メッキアクセント、そしてフロントヘッドライトは三眼小型LEDヘッドライト、その上部にアローヘッドのLEDデイタイムランニングライトを標準装備します。

ボディサイズも基本的に変わらずで、レクサスのエントリースポーツセダンであることに変わりはないものの、一番重要なのはフロントボンネット内に収められているエンジン(心臓部)。

北米市場の道路事情を鑑みて5リッターV8エンジンを搭載

新型IS500 F SPORTが登場する直前まで、V8 NAなの?LS500と同じV6ツインターボなの?と議論がなされましたが、その正体は排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンでした。

やはり北米市場の道路事情を鑑みた大排気量マッスルカー仕様で、過去に登場したIS Fをはじめ、RC F/GS F/LC500にも搭載されている2UR-GSE型ではあるものの、これを搭載するためにわざわざフロントフード位置を約50.8mm上げられているのも他のグレードと異なるところ。

そして車体重量についても、IS350 F SPORTよりもわずかに+64.8k重い、1,765kgに抑えています。

エンジンスペックとしては最高出力472hp/7,100rpm、最大トルク536Nm/4,800rpmを発揮し、これはBMW・M3の直列6気筒ツインスクロールターボエンジン(最高出力473hp/最大トルク551Nm)に匹敵するパワーと考えて良さそうです。

新型IS500 F SPORTの直線性のパフォーマンスや機能性、そしてインテリアは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう