これは恐ろしい…高速道路に緊急着陸した小型飛行機にレクサスISが衝突する大事故が発生。「まるで映画の撮影のようだ…」と話題に【動画有】

レクサスISのドライバーも小型飛行機の緊急着陸には気付けなかった?

2021年2月24日の午前、アメリカ・カリフォルニア州のリバモアにある州間高速道路580にて、小型飛行機が緊急着陸した後にレクサスISがサイドから追突するというとんでもない事故が発生しました。

現地ニュースによると、小型飛行機ムーニーM20Eは離陸後に技術的な問題が発生したと報じていますが、どうやら電力が失われてしまったために飛行することが困難になったため、たまたま近くの高速道路にて着陸せざるを得ない状況だったそうです。

ちなみに以下の動画は、緊急着陸直後に発生したレクサスISとのクラッシュ映像。

【The Moment Plane Crashes Into Car By Highway 580 in Livermore】


幸いけが人は無しだが、ほんの少しでもタイミングがズレていたら大変なことになっていたかもしれない

こちらが別の角度から撮影された小型飛行機とレクサスISの衝突事故。

幸い衝突した部分がお互いフロントエンドということもあり、レクサスISのドライバーや小型飛行機を操縦していたジョシュ・レッドサン氏、そして乗員もケガは無かったとのことですが、あと少しでもタイミングがズレていたら死亡事故に発展していたかもしれませんね。

なお小型飛行機を操縦していたジョシュ・レッドサン氏の説明によれば、「離陸後150mに到達した時点で電源が切れてしまい(厳密には停電だった模様)、命の危険を感じた。これ以上高く飛ぶことはできない」と判断したそうです。

その一方で、小型飛行機と衝突してしまったレクサスISのドライバーからは「なぜ飛行機と衝突してしまったかは、はっきりと覚えていない」とのことから、おそらく走行中に突如として左側から飛行機が現れたのだと思われ、急ブレーキをしても間に合わなかったのだと予想されます。

なお、この事故を見たほとんどの方が、「まるで映画のワンシーンのようなクレイジーな光景だ」「レクサスISはタイミングが悪かったのだろうな…可哀想に」といったコメントが多かったものの、まずはけが人が出たり、最悪の事態を免れたことは不幸中の幸いだったと思います。

高速道路上にて、飛行機が緊急着陸した瞬間を捉えた動画も話題に。気になる続きは以下の次のページにてチェック!