撮影会も兼ねてプチオフ会をしてきた。フェラーリ458イタリアや日産GT-R R35…そしてサプライズでGTレースカー並みのチューニングを施したフェアレディZも登場

メインはレクサス新型ISの撮影会だが、気が付けば久々のプチオフ会になっていた

さてさて、つい先日ひょんなきっかけで有名フォトグラファーさんに私の所有するレクサス新型IS300 F SPORT Mode Black×ヒートブルーコントラストレイヤリングを撮影して頂くこととなったわけですが、色んな事情が重なってフェラーリ458イタリアや日産GT-R R35、そしてフェアレディZ(Z33)のオーナー様も集合することになり、気が付けばプチオフ会状態に。

昨今の諸事情による影響もあって、中々人と会って話す機会も無かったため、少人数と言えども世間話や最近の車事情などを話することができて本当に良かったところ。

そして何よりも今回は、ちょっとしたサプライズで、以前から拝見したかったGTレースカー並みに過激チューニングを施した日産フェアレディZ(Z33)が登場したことに今年一番の感動を覚えたり。


ヒトもクルマもソーシャルディスタンス

こちらが今回、有名フォトグラファーさんに撮影していただくことになったロケーション(屋内立体駐車場)。

ソーシャルディスタンスも兼ねて中々にユニークな配置での撮影会状態に、気が付けば主役はフェラーリ458イタリアになっていました(私の新型ISは?)。

一番の注目株は日産フェアレディZ(Z33)の過激チューニングモデル

そしてこちらが、自身の撮影会のことよりも一番衝撃を受けた日産フェアレディZ(Z33)。

初代フェアレディZ(S30型)をイメージさせるようなオレンジカラーに塗装された一台。

何とオーナー様オリジナルのパール&クリア塗装とのことで、相当な費用と塗料を使用したそうですが、見る角度によってはゴールドやグリーン、イエローに見えるようなマジョーラカラーでパールも強め。

そしてこちらはカーボンファイバによるGTレースカー相当の過激な巨大リヤウィング。

ただ単純に装着しただけでなく、オーナー様はサーキットにも参戦されるため、こうした本格的なダウンフォースを発生するリヤウィングにもこだわっているようです(同乗していた方も三菱ランサーエボリューションⅩでレースにも参戦)。

かなり軽量化も施しているとのことですが、ラゲッジルームの素材類は全て廃除しているため、約100kgほどの軽量化に貢献しているとのこと。

サイドミラーキャップやAピラーなども全てCFRP。

リヤフェンダーよりも大幅に張り出した巨大リヤウィングは過激で、ヴィジュアルではマクラーレン・セナGTR(McLaren Senna GTR)に匹敵するレベルかも。

フロントのボディキットもオーナー様の徹底した拘りが!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう