フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300の技術資料がまたも完全リーク?!5色のボディカラーを揃え、フロントフードはダブルバブル風?

少しずつ明らかになってきた新型ランドクルーザー300、今回はフロント・リヤデザインを見ていこう

いよいよ2021年7月1日に生産開始、同年8月上旬より発売スタート予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、これまで様々な技術資料や内外装デザインが完全リークされてきました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回、これまでリークされてきた技術資料をもとに作成された「真正面から新型ランドクルーザー300」が公開されています。

ボディカラーも全5色に設定され、(実際にラインナップされるかは不明ですが)かなり現実的で具体的にまとめられたレンダリングではないかと思います。

早速新型ランドクルーザー300のレンダリングをチェックしていきましょう。


新型ランドクルーザー300のフロントマスクはこうなる?

こちらが真正面から見た新型ランドクルーザー300の完成イメージレンダリング。

レンダリングを作成したのは、これまで様々な新型ランクル300のリーク情報を展開してきたLandCruiserUpdates氏。

恐らく最も信憑性の高いエクステリアだと思われますが、これまでスパイショットされてきた開発車両のLEDデイライトや、ロシアの空輸倉庫と思われるところにてリークされたデモカーなどを見ていくと、確かにこのデザインに非常に近いのではないかと考えられます。

なおフロントマスク全体を見ていくと、先代ランドクルーザー200同様に押し出しの強い顔つきになり、しかしセンターに向けて絞り込まれ、フロントグリルは3本の水平スラッドにメッキ加飾を与えることでオラオラ顔をアピール。

おまけに両サイドのバンパー形状の張り出しが控え目になっていることから、全体のボディサイズはほとんど変わることなく、しかしアプローチアングル/ディパーチャーアングルを改善することでオフロードに特化したボディに変化するのではないかと考えられます。

エンジンサイズがコンパクトになろうとも、フロントフードはダブルバブル風?

こちらはグレーとブラックの中間色(多分新色のグレーをイメージ?)で、全体的に引き締まった印象を受けますが、個人的に最も気になるのがフロントフード形状。

先代のランドクルーザー200でも同様のダブルバブルフードを採用していますが、新型ランドクルーザー300では、ダウンサイジング化されたV型6気筒ツインターボエンジンと、V型6気筒ディーゼルターボエンジンが搭載されるため、エンジンサイズとしてはコンパクトになり、フロンフード位置も低くなるものと予想していましたが、このレンダリングだと先代の形状を引き継ぐことになりそう。

いずれにしても、新型ランクル300はキープコンセプトを重要視しつつ、インテリアは大幅に改良を加えることで先進性と実用性を両立するモデルになるのではないかと考えられます。

オフロード志向でありながらも原点回帰?

そしてこちらはブラックカラーの新型ランドクルーザー300。

シャープ且つワイドなフロントヘッドライトハウジングを採用し、その直下にはプジョー新型3008(Peugeot New 3008)のような切り欠きのアクセントを加味することで立体的な表情を演出。

一つ一つのアクセントははっきりしているものの、先代の200系に比べるとダイナミックで大柄なボディに見えない事を考えると、もしかすると初代を意識したオフロード志向の強いデザインをコンセプトとしているのかもしれません。

こちらはワインレッドカラー。

ルーフレールはもちろん装備され、トップルーフにはサンルーフが装備されていますが、パノラマルーフのオプションが準備されているかは不明。

あとは新型ハリアー(Toyota New Harrier)のように調光パノラマルーフが設定されるのかも気になるところです。

最後はブルー系。

恐らくディープブルーマイカだと思いますが、新型ランクル300でラインナップされるカラーであれば、最も市場に出回らない希少カラーになるかもしれません。

新型ランドクルーザー300のリヤデザインはどうなる?そしてあの装備が廃止になる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう