フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300の技術資料がまたも完全リーク?!5色のボディカラーを揃え、フロントフードはダブルバブル風?

今度は新型ランドクルーザー300のリヤデザインをチェックしていこう

続いてはトヨタ新型ランドクルーザー300をイメージしたリヤデザインを見ていきましょう。

ボディカラーはホワイト系になりますが、リヤテールランプは水平基調でも一文字テールランプでもない”ハの字”。

真後ろからだと少し分かりづらいですが、新型ハリアー/ヤリスクロス(New Yaris Cross)などと同様に、最近のトヨタは立体的なテールレンズを採用する傾向にあるため、恐らく新型ランドクルーザー300も同様の手法を取り入れるのではないかと予想されます。

あとはテールランプの下側のクリア部分ですが、バックランプとリヤウィンカーを同じハウジングに設けたリヤコンビだと思われ、ウィンカーもワイドに流れるシーケンシャルではなく、点滅タイプになる可能性も。


上下分割式のテールゲートはどうなる?

こちらはグレー系。

リヤテール形状にも注目していくと、上下分割式のスプリットテールゲートは引き続き継続?されるかのようにも見えますが、以前完全リークされた技術資料ではスタンダードな一体型のテールゲートだったため、この点はちょっと微妙なところ(おそらくレクサス新型LXにも引き継がれると思われる)。

こちらはブラック。

リヤスキッドプレートの面積は大きく(素地ブラックではない模様)、リフレクター(反射板)も水平基調。

ワインレッド系もかなり良い感じ。

マッドガードも装備され、より一層オフロードが強調されていますね。

そして最後はディープブルーマイカ系。

なお新型ランドクルーザー300の最新情報は、ディーラーによっては具体的な販促資料が配信されているそうですが、厳密には2021年6月10日に詳細が明らかになる予定で、私がいつもお世話になっているトヨタディーラーでは近日中に販促資料が配信されるとのことなので、詳細が明らかになり次第展開していきたいと思います。

☆★☆新型ランドクルーザー300関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう