日産が新型ジュークサイズのピュアEVクロスオーバーの発売を計画か。新型アリアの弟分として登場し、プラットフォームを共有するエントリーモデルに

日産は更にリーズナブルで先進的なピュアEVクロスオーバーを開発しているようだ

2021年夏頃より、日産初のピュアEVクロスオーバーモデルとなる新型アリア(Nissan New Ariya)が発表・発売予定となっていますが、何とこのモデルよりも更にコンパクトなピュアEVクロスオーバーを開発していることが明らかとなりました。

海外カーメディアAutoExpressの新たなレポートにより、日産は新世代ピュアEVコンパクトクロスオーバーの新規開発に着手していて、新型アリアと同じプラットフォームを流用しながらも、ボディサイズとしては新型ジューク(New Juke)並みにコンパクトになるそうです(以下、ジュークEVと仮称)。


新型ジュークEVは、アリア並みに装備が充実しているようだ

引続きレポート内容をチェックしていくと、新型ジュークEVには日産・ルノーアライアンスによって共有されるCMF-EVプラットフォームを採用し、将来的にはルノーの次世代メガーヌEV(Renault New Megane EV)にも流用される予定とのこと。

駆動方式については、e-4ORCE四輪駆動システムやエレクトロニクストルクベクタリングの採用など、グレードによって装備内容は異なるとは思いますが、新型アリア相当の充実した走行パフォーマンスを得ることが期待できるそうです。

なお先述にもある通り、日本市場では2021年夏頃、欧州や北米市場では2021年後半頃に投入予定となっている新型アリアですが、デュアルモーターを搭載するグレードになると、システム総出力395ps/最大トルク600Nmを発揮し、0-100km/hの加速時間は僅か5.1秒、最高時速は201km/hにまで到達。

新型ジュークEVも、新型アリアのデュアルモーターを搭載したグレード並みに高いパフォーマンスを得る可能性が高く、車体重量の軽量化によるパワーバランスの向上、更に徹底的に絞り込まれたボディスタイルにより、空力特性を向上させることが期待されています。

新型ジュークEVの後続可能距離や発売時期は?更に日産は2022年にピュアEV軽自動車の発売も控えている!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう