フルモデルチェンジ版・トヨタ新型プリウス(60系)はこうなる?スタイリッシュ&アグレッシブなヘッドライトで新型ハリアー風に。2021年内にデビューとの報道も

マイナスイメージの強いプリウスをどのように変化させる?

2021年6月3日に一部改良版・トヨタ新型プリウス(Toyota New Prius)の発表・発売が控えていますが、その一方でフルモデルチェンジ版・新型60系プリウスが2021年内に登場?との噂が浮上しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

国内カーメディアSpyder7さんの報道によると、新型60系プリウスは早くとも2021年内、遅くとも2022年内にワールドプレミアされる予定とのことで、更にトヨタ上層部も「新しい方向性を見出す必要性がある」との発言をしていることから、大胆且つ現行モデルを上手く踏襲する一台が提供される可能性があるとのこと。

なおSpyder7さんは、そんな次期プリウスの完成イメージレンダリングを公開していますが、一体どのようなデザインに仕上げられるのか?パワートレインはどうなるのか?など早速チェックしていきたいと思います。


これが次期60系プリウス?

via:https://response.jp/

こちらが今回、Spyder7さんが作成した新型60系プリウスの完成イメージレンダリング。

ボディスタイルやフロントバンパー形状などはキープコンセプトで、空力特性を最大限に考慮した丸みを帯びたハッチバックボディはそのまま。

なおトヨタによると、先代から引き継がれるプリウスの象徴的なボディスタイルにより抗力係数0.24を実現していて、ほぼこのスタイルがトヨタにとっての完成形であることから、中々ここから脱却することは難しいとのこと。

プラットフォームについては、新世代TNGAを採用するのかどうかは明確になっていないものの、Spyder7さんによれば「ボディサイズは拡大されるだろう」とのこと。

更なる抗力係数の改善を図るためにワード&ロースタイルは定番となり、ボディスタイルもよりスポーティな印象を与えることで、静か且つエコに走るだけでなく、普段の通勤や移動を楽しくする方向でシフトする考えもあるのかもしれません。

新型60系プリウスのヘッドライト周りは新型ハリアー似?パワートレインはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう