フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXの購入を検討してみる。GW明けには追加情報も展開予定…グレードやボディカラーはどうする?

そろそろ発表も近い新型NXを検討してみる

さてさて、2021年内に発表・発売予定となっているレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXですが、そろそろこのモデルの購入を検討していこうかと考えています。

2021年4月末にはホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)が納車予定のため、2021年はSUVが立て続けとなるかもしれませんが、(かなり気は早いかもしれないですが…)今回はとりあえず新型NXのグレードやボディカラーをどうすべきか?というところを考えてみたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

まだ新型NXに関する情報は少ないものの、いつもお世話になっているレクサスディーラーの情報によると、2021年ゴールデンウィーク(GW)明けには詳細な情報が配信される予定とのことなので、情報が明らかになり次第当ブログにも展開していきたいと思います。


まずは新型NXのエンジングレードを検討してみよう

既に2021年2月に完全リークされている新型NXの内外装デザインですが、改めてのエクステリアを見ていくと初代NXからのキープコンセプトで、そのボディスタイルやエッジを効かせたディテールは引き続き継承されている様子。

プラットフォームはトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)/RAV4/ハイランダー(New Highalander)/クラウンクルーガー(Crown Kluger)と同じTNGA-Kプラットフォームが採用される予定で、ボディサイズはワイド&ローになりつつ、フロントノーズをロング化しキャビンを後方へと移行することで、ボディスタイルの改良とエンジンルームの拡大も意図。

上の画像は北米市場向けと思われるNX200で(パワートレインもUX200と同じ)、フロントグリルパターンが縦型基調の全く新しいドット柄であることから、非F SPORT(たぶんI packageかversion L)グレードだと思われます。

日本市場向けは大きく3種類のエンジングレードがラインナップ予定

なお日本市場向けに関しては、今のところNX350/NX350h/NX450h+の3グレードが商標申請済みで、NX350は2.4L直列4気筒ターボ、NX350hはハイブリッド、そしてNX450h+が新型RAV4 PHVと同じパワートレインを搭載予定のプラグインハイブリッド(PHV)となりますが、NX450h+に関しては部品供給の絡みで発売が遅れるとの情報も。

そうなると、現時点で検討できるエンジングレードはNX350かNX350hの何れか?ということになりそうですが、以前私が所有していたモデルがハイブリッド仕様のNX300h F SPORTだったので、今回はトヨタ新開発ターボエンジンとなるNX350が濃厚。

もちろんこのエンジングレードが100%登場するとは現時点で言い切れないため、あくまでも予定にはなりますが、新型IS300 F SPORTで感じていた2リッター直4ターボ特有のちょっとしたラグやシームレスな加速(8速ATとは思えぬほどに滑らか)から、2.4リッター直4ターボではどのように変化するのか?排気量アップでパワー以外に何が変化してくるのか?などもチェックできたらと思います。

新型NXのグレードやボディカラー、インテリアカラーはどうする?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう