ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型IS300 F SPORT Mode Blackの半年点検+自動車税の時期が来た!なお納車されて5か月経過しての総維持費は約12万円だった件

気が付けば私の新型レクサスISも納車されて5か月が経過

さてさて、2020年12月に私に納車されたレクサス新型IS300 F SPORT Mode Black×後輪駆動(FR)ですが、気が付けば納車されて5か月が経過していました。

もうすぐ納車後半年点検を迎える予定で、既に点検の予約は完了済みですが、これまでに新型ISにかかった維持費、保険費用はどれ位だったのか?を算出していみたいと思います。

2021年モデルの新型ISは既に販売終了していて、特に特別仕様車F SPORT Mode Blackは、今後購入できない希少モデルになると思われますが、2021年10月頃に発売予定となっている2022年モデル+年次改良版と新たな特別仕様車?では、更にユーザーの満足度を高めてくれるであろう内容にアップグレードされていると期待したいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


納車されてから5か月が経過してのトータル維持費(保険代や点検費用、ガソリン代、自動車税はいくら?)

それでは早速、私に納車されてから5か月が経過した新型IS300 F SPORT Mode Blackのトータル維持費をチェックしていきましょう。

今回当ブログにて取り上げさせていただく維持費とは、レクサス公式のディーラーメンテナンス(点検)やガソリン代、任意保険(月々計算)、そして自動車税を算出していきたいと思います。

◇点検費用:無料

◇ガソリン代:9,481円+9,922円=19,403円

◇任意保険:12,905円×5か月分=64,525円

◇自動車税:36,000円(1年目)

レクサスモデルを新車で購入する点検費用は掛からない

まずは新型ISの点検費用ですが、これは新車購入時に3年目の初回車検前までにかかる全ての点検(1か月/6か月/12か月/18か月/24か月/30か月)費用が無料で、新車価格の中に含まれているため、特にこれといった維持費はかかりません。

またこれはディーラーにもよるとは思いますが、点検と点検の間での(過走行により)オイル交換やオイルフィルター交換、ワイパーゴム交換がある場合、基本的に何度でも無料にて交換して頂けるのもレクサスの魅力的なポイントだと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そのためレクサスを新車にて購入する場合は、基本的に車検を受けるまでの必要な点検費用は一切かからないものと考えて良く、ガソリン代や任意保険、自動車税以外は特に大きな出費は無しとなります(カスタム費用やローンなどは別)。

よく「レクサスは維持費が掛かる」という根拠のないデマが流れてきますが、国産モデルのなかでもレクサスは特に維持費がかかりにくいと考えていて(品質も高く、故障もほとんど聞いたことがない)、「レクサス=高級車=全てが高い」という勝手なイメージを持つのは非常に危険。

購入・所有してわかることもたくさんあるため、「レクサス=維持費がかかる」という未確認の情報は参考にしない方が良いかと思います。

レクサス新型ISのガソリン代や保険費用、自動車税はいくら?総維持費はどれぐらい?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう