スバルが新世代ピュアEVクロスオーバーとなる新型ソルテラ(SOLTERRA)を発表!2022年中頃を目標に市販化予定、トヨタとの共同開発e-SGP初採用

立ち位置的にはトヨタ新型bZ4Xとの兄弟車種

2021年4月19日より開催された中国・上海モーターショー2021にて、トヨタの新世代ピュアEVクロスオーバーモデルで、更に新開発プラットフォームのe-TNGAを初採用した新型bZ4Xが世界初公開され大きな話題となりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回、スバルからも新世代CセグメントピュアEVクロスオーバーモデルとなる新型ソルテラ(Subaru New SOLTERRA)と呼ばれるモデルが世界初公開されています。


デザイン言語はbZ4Xにちょっと似ている?

こちらが今回世界初公開された新型ソルテラ。

トヨタとの共同開発となるEV専用プラットフォームe-SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)を初採用し、今後このプラットフォームがスバルピュアEVのラインナップモデルに流用されることとなります。

現時点では明確なフロントマスクは公開されていないものの、ティーザー画像をみる限りでは、四眼LEDヘッドライト上部に水平基調&シームレスなLEDデイタイムランニングライトを搭載し、更にL字型のDRLを採用することで、スバルらしい”コ”の字型のLEDデイライトに仕上げられています。

ちなみに新型ソルテラのフロントヘッドライトは、bZ4Xのデザイン言語をベースにしているものと予想され、LEDデイライトだけ上部水平基調+L字型にすることで差別化を図っているイメージでしょう。

この点はフルモデルチェンジ版・スバル新型BRZ/トヨタ新型GR86に通ずるものがありますね。

具体的なボディサイズについては記載されていませんが、CセグメントSUVになるということで、bZ4Xの兄弟車種になることはもちろんのこと、2021年内に発売される日産の新型アリア(Nissan New Ariya)に真っ向から挑む一台になることは間違いないでしょうね。

ところでソルテラ(SOLTERRA)の由来とは?発売時期はいつになる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう