フルモデルチェンジ版・メルセデスマイバッハ新型S680の情報が一部解禁!V12エンジン搭載でトルクモリモリの1,000Nm超え、そしてV12なのに圧倒的「静か」

2021-05-18

メルセデス・マイバッハSクラスの最高峰S680 4Maticは中国市場でも販売されるようだ

さてさて、以前より度々話題となっていたフルモデルチェンジ版・メルセデスマイバッハ新型Sクラス(Mercedes-Benz Maybach New S-Class)ですが、このモデルの最上位グレードに関する一部の情報が明らかとなりました。

エクステリアデザインは、明らかに中国の富裕層が好みそうなデュアルトーンカラーにクロームアクセントでギラギラし、マイバッハのフラッグシップモデル特有の個性が全面に押し出されています。

そんな新型マイバッハSクラスの名称はS680とのことで、搭載されるエンジンはもちろんV型12気筒ツインターボエンジンとなります。


新型マイバッハS680は「静かさ」に徹底的に拘っている模様

こちらが今回情報解禁となったマイバッハ新型S680のエクステリア。

既にV型12気筒エンジンが搭載されることは明らかになっていましたが、どうやらダイムラーの情報によると、パフォーマンスとしてはベントレーのW型12気筒エンジンに匹敵するレベルとのことで、そのエンジンサウンドが静かなことに加え、車内の静粛性も非常に高いそうです。

ロールスロイス並みのラグジュアリー性があるかは不明ではあるものの、ダイムラー社がここまで自信たっぷりに「静か」と語るほどですから、先代はもちろんのこと競合他社を圧倒するだけの工夫が施されているのだと予想されます。

パワートレインは、S650同様のV型12気筒ツインターボエンジン

そしてこちらが新型S680の排気量6.0L V型12気筒ツインターボエンジンで、具体的なスペックは明らかになっていないものの、マイバッハS650よりも更にハイパワーで、最高出力630ps以上/最大トルク1,000Nm以上なのは確実だそうですが、エンジン出力に関しては700ps以上になる可能性は低いとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

駆動方式については、4Matic四輪駆動システムを標準採用。

ちなみについ先日、中国市場専売となるマイバッハSクラスの”エントリーグレードS480”が追加ラインナップされ、大型エンジンに関する高い関税を抑えることを目的とした排気量3.0L 直列6気筒ターボエンジンのダウンサイジングを発表し大きな話題となりましたが、S680はそういった関税をも気にしない超富裕層が対象となるとの情報も。

新型マイバッハS680は、従来Sクラスと比べてどういったところが異なる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう