まだまだ問題になっているようだ…自動車系YouTuberにディーラーが試乗動画撮影用に貸し出す→「1時間のみ貸出し」の約束のはずが3時間経過しても返ってこなかった等

今後販売店によっては、YouTuberの動画撮影を厳しく取り締まっていく恐れも?

以前、当ブログにて取り上げさせていただいた「一部自動車YouTuberの視聴回数稼ぎ目的による、見積もり取得などのトラブル」についてですが、このブログを投稿した後、複数のカーディーラーに務める方々からご連絡をいただき、「うちの販売店でも似たようなことが起きている」とのご相談を受けました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

実際に色々と聞いてみると、某自動車ディーラーに訪問してくる某自動車系YouTuberがいらっしゃるそうですが、取材目的で訪問してくるのは特に問題ないものの「約束の時間を守ってくれない」という問題があり、大きなトラブルにあったそうです。

具体的にどういったことなのか?早速チェックしていきましょう。


1時間の試乗車貸し出しで約束していたはずが、ディーラーには一向に帰ってこず・・・

その自動車系YouTuberの方は、某自動車ディーラーとの面識はあり、何度か試乗や展示車撮影のために訪問は来ていたものの、そのディーラーで車を購入したことは無いとのこと(いつも訪問されるときはバイクだそうです)。

そのYouTuberの方は、試乗撮影目的で「1時間ほど単独で貸してほしい」という取材アポを取られたそうで、他の試乗希望者さんとの時間を調整をしながら、日時を決めて貸出ししたそうです。

しかしながら、1時間経過しても試乗車は全く帰って来ず、YouTuberの方に電話をするも一切電話には出ません。

1時間過ぎたことにより、販売店には試乗希望者が次々と…

どこにいるかもわからないまま時間だけが過ぎていくわけですが、一番問題となったのが、その試乗車は発売されたばかりの新型車だったために、複数の試乗希望者さんが待機していたんですね。

幸い、そのディーラーには同じ車種でグレード違いの試乗車が2種類あったため、試乗希望者のお客さんを待たせつつも、何とか回していたそうですが、希望者全員の試乗が終わってもYouTuberの方は帰ってこなかったそうです。

もしかして事故で連絡がつかなかった?1時間経過しても帰ってこなかった理由とは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!