日産の初回限定モデル・アリアlimitedの公式カタログを入手&最速公開!ちなみにスタンダードモデルは2021年秋以降に発売予定だが…【動画有】

2021-06-06

新型アリアlimitedのカタログを入手!どこよりも早く中身を公開

2021年6月4日に発表&先行予約スタート/2021年秋頃に発売予定となっている、日産の新世代ピュアEVクロスオーバー・アリア(Nissan New Ariya)。

既に日産の公式ホームページでも、初回限定モデルあるアリア・リミテッド(New Ariya Limited)のネット予約がスタートし、申し込み金50,000円の振り込みで、順次商談・見積もり作成が可能となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

しかしながら、残念なことに既に1,000件近くの先行予約が入ってしまい、元々2021年内納車可能と言われていたB6 limitedで2022年以降、それ以外のグレードは全て2022年夏以降、そしてスタンダードモデルは全て2022年夏以降と言われています。

今回は、初回限定モデルとなるアリアlimitedの公式カタログを入手しましたので、アリアを検討されている方、既に先行予約完了されている方などを対象に、どこよりも早くカタログの中身を公開していきたいと思います。


早速アリアlimitedのカタログの中身をチェックしていこう

こちらが初回限定モデルとなるアリアlimitedの公式カタログ表紙。

これまでの日産のカタログモデル同様となる正方形タイプのカタログになります。

それは、英知を宿すモンスター。

その力を解き放つのはあなた。

日産アリア。それは、日産のインテリジェントモビリティを代表するEV(電気自動車)とクロスオーバーが融合した新時代のクロスオーバーEV。

シンプルでありながら美しく力強いデザイン。そのスタイルからは想像できない広くフラットな室内空間。

圧倒的な加速と比類なき操る愉しさ。なめらかで静粛性の高い快適な走り。そして、先進の運転支援技術。

日産の英知を結集し、相反する条件を全てクリアしたとき、飛躍的な進化を遂げたEVが生まれました。

一度相手にしてしまうと二度と手放すことができなくなる。日産アリアのパフォーマンスをぜひ体感してください。

今しか手に入らない特別なパッケージ、日産アリアlimited登場。

それは、日産の次代に先駆けた先進テクノロジーの結晶。

日産アリアの最大の魅力は、EVだからこそ実現できるプレミアムな走りです。

日産が培ってきたEVテクノロジーと車両制御技術により、俊敏で滑らかな乗り味と静粛性を両立した新次元の走りを実現しています。

更に、日本の伝統美を進化させたデザインと先進の運転支援技術を結集。かつてないクロスオーバーEVが完成しました。

EVだからこそ実現できるプレミアム走り。

高級車の走りの本質である俊敏で滑らかな乗り味と静粛性を実現するために。

日産が積み重ねたEV技術とGT-Rで磨き上げた車両制御技術を注ぎ込み、新次元のプレミアムな走りを実現しました。

日本の伝統美を活かした、シンプルでありながら力強い美しさ。

日産アリアは、タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム=進化した日本の伝統美という新たなデザインを採用。

日産が持つ日本のDNAを、シンプルでありながら力強い、モダンで美しいフォルムへと昇華させました。

更に進化した運転支援技術による、ワクワクするドライビング体験。

同一車線内でのハンズオフを可能にする「プロパイロット2.0」や、車外からの操作でクルマの出し入れができる「プロパイロット・リモート・パーキング」などを採用。最先端の運転支援技術が、より自信を持ったドライビングを可能にします。

初回限定モデルlimitedのみ設定可能なバーガンディ×ブラックのデュアルトーンカラー。

シンプルで力強く、モダンなフォルム。進化した日本の伝統美がそこにある。

日産アリアは日本古来の伝統美に着想を得てデザインされました。

たとえば、ガソリン車ではフロントグリルと呼ばれているシールド部分は、滑らかな表面の下に日本の伝統的幾何学模様「組子」を立体的に再現。

内部に配置されたセンサー類を守る役割も果たします。

また、ノーズやショルダーのハイライトはシンプルゆえに印象に残る「枠」を。

ノーズからリヤをつなぐラインの機能美は「整」を。

リヤコンビネーションランプは日本の南リズム「間」を。ダイナミックなボディは「移ろい」を表現しました。

進化した機能とフォルムに日本のDNAを融合。日本の伝統美を進化させた美しいフォルムを実現しています。

機能美を美しく、そして先進的な仕上がりにしながらも、日本の伝統技術を用いたインテリアデザインは、いかの次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう