遂に来た!フルモデルチェンジ版・トヨタ新型アクアの開発車両を初スパイショット!何とほぼカモフラージュ無しでデザインも明確に

ここまで無防備な新型アクアのテストカーがスパイショットされるとは…

2021年7月19日に発売予定となっている、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型アクア(Toyota New Aqua)ですが、遂に公道にて開発車両が初スパイショットされています。

今回貴重なスパイショット画像並びに情報提供いただけたのはTwitter ID:papabarasanさん(心より感謝!)。

スパイショット場所は愛知県豊田市美山町の豊田インター入口付近とのことで、この後高速道路へと向かったそうですが、恐らくクルーズコントロールや高速走行時の安定性を評価するためだと考えられます。

早速スパイショットされた新型アクアの開発車両をチェックしていきましょう。


リヤテールランプの一部以外はほぼカモフラージュ無し

こちらが今回スパイショットされた新型アクアの開発車両。

リヤデザインのみとなりますが、papabarasanさん曰く、この後フロントマスクも確認することができ、新型アクアの顔つきに非常に近かったとのことです。

また今回初スパイショットされた開発車両で驚いたこととしては、フルモデルチェンジでエクステリアはほぼ刷新するはずなのに、カモフラージュラッピングによってほとんど偽装されていないこと。

リヤエンドで唯一偽装されているのはリヤテールランプのみですが、養生テープの簡易的なもので隠しているだけ。

なおリヤデザインについては、既に自動車情報誌マガジンXさんでも報道されている通り、縦型基調のリヤテールランプ形状や縦斜めに近いリフレクター(反射板)、こんもりとしたワイドなリヤフェンダーはほぼ同じ。

キープコンセプトながらも、細部を見ていくと変化している点も多い

参考のために、初代アクアのリヤエンドはこんな感じ。

リヤテールランプのハウジングは縦型基調となりますが、ウィンカーやバックランプは豆球タイプ。

新型アクアでは、テールランプ形状が丸形となるのか、それとも縦型基調のLEDバーが採用されるのかは不明ですが、グレードによって豆球になるのかLEDになるのかも気になるところです。

あとは初代のリヤロアバンパーがボディ同色のみから変更され、新型ではリフレクターのラインに沿って中央へと直結する無塗装ブラック?のアクセントが加味されることで立体感を得ているのも大きな変更ポイントだと思います。

新型アクアのグレードやパワートレイン、ボディカラーなどはどうなっている?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう