フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300を購入しました。既に誓約書の取交しも完了しているものの、納期はしばらく未定に

新型ランドクルーザー300に関しては「早く納車」ではなく、「納車できればラッキー」という感覚

さてさて、2021年8月1日に発表/同年8月2日に発売予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、報告のタイミングが遅れてしまったものの、私も正式に先行予約を完了しました。

先行オーダー開始となる2021年7月1日から続々と先行予約が入り、7月13日に先行予約数が2.2万台を突破→7月14日~8月1日まで受注一旦停止するほどの人気っぷりとなっている新型ランドクルーザー300ですが、その多くには転売・輸出をたくらむ顧客が多いのも一つの要因です。

こうした転売ヤー対策のため、以前より度々話題になっている誓約書の取交しも無事完了し、頭金(手付け金)も送金完了しているため、これで正式に輸出転売の考えは無く、購入意思があることもお伝えしたわけですが、今回はいつもの流れとなる現金一括購入は諦めました。


現金一括は転売ヤーと見られる可能性があるようだ

っというのも、誓約書の取り交わしの際にトヨタディーラーより言われたこととして、法人もしくは個人にて複数台の新型ランクル300を購入したり、現金一括にて購入してしまうと「転売目的の恐れアリ」と判断されてしまうことから、極力ローンもしくは残クレでの支払いを検討するよう勧められていたんですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これまで現金一括が基本だった私としては何とも信じがたい話と言いますか…その一方で「やっぱランドクルーザーって凄いんだな…」と思い知らされた瞬間でもありましたが、今回はディーラーが極力オススメする(転売ヤーという誤認を回避する)方法にて購入することとしました。

納期は「未定」であり、ディーラーへの割り振り台数も極端に少ないため、2021年内どころか2022年内も厳しいかもしれない

そしてここからが最も気になる納期についてですが、どうやら私のエリア&販売チャネルでは、新型ランドクルーザー300のガソリン/ディーゼル共に割り振り台数が極端に少ないとのことで、これについては「納期未定」としか回答することができず、2021年内納車はおろか、2022年内の納車もほぼ難しい?状況になっているそうです。

もちろん、増産体制に入れば状況は一変すると考えたい所ですが、思いのほか私のディーラーでは先行予約を入れていた個人/法人のお客さんが多く、過去にランクルを所有していたお客さんもいらっしゃるそうで、そういった過去の購入履歴も今回の購入では大きく響いてくる可能性があるとのこと。

なお私は過去にランドクルーザーを所有しておらず、二桁に近いトヨタ車を購入していても、ある意味新規に近い客の一人となってしまうため、優先度的にはかなり低い方に入るそうです(この点は販売エリアや販売チャネルによって異なるかもしれないので参考程度に)。

私が購入した新型ランドクルーザー300のグレードは?キャンセル・NG対象となってしまった方とは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!