日本仕様のトヨタ新型カローラクロスが2021年9月14日に発表・発売へ!海外仕様とは異なる独特の顔つきに…ヘッドライトも複雑且つ静観で良い感じに【動画有】

遂に日本仕様のトヨタ新型カローラクロスが発表・発売へ!更にカローラシリーズの新車販売台数は爆上がりに?

さてさて、日本仕様のトヨタ新型カローラクロス(Toyota New Corolla Cross)が、遂に2021年9月14日に発表・発売されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これまで実車やカタログリークなど、既に日本仕様の内外装デザインは明確になっていましたが、やはり海外仕様に比べてかなり独特なものに仕上げられていますね。

改めて日本仕様の新型カローラクロスの内外装デザインをチェックしていきましょう。


日本仕様向けとなる新型カローラクロスを見ていこう

早速日本仕様の新型カローラクロスを見ていきましょう。

海外市場向けにて販売されているカローラクロスとは大きく異なる顔つきで、しかしこうしてヘッドライトが点灯した姿を見ると「これはかなり売れるだろうなぁ」と思わせるほど。

以前の移送中のスパイショット画像を見る限りでは、ここまでの精悍な顔つきでクールになるとは予想もしていませんでしたが、恐らく実車で見たら更に魅力的になることは間違いなさそう。

海外仕様のカローラクロスの面影はあるものの…?

ちなみにこちらは海外市場向けの新型カローラクロス。

全体的な雰囲気はちょっと似ているものの、全く同じ車種とは思えないほどの変貌っぷりだと思います。

リヤビューは海外市場向けと概ね同じ

そしてこちらがリヤビュー。

フロントデザインとは異なり、リヤデザインは海外市場に近い水平基調のテールランプで、どことなく新型ハイランダー(New Highlander)を彷彿させるようなワイド感も。

新型カローラクロスのグレード別のデザインも見ていこう

そしてこちらが、日本仕様のグレード別エクステリアと内装。

少し分かりづらいですが、ZグレードとSグレードではヘッドライトのデザインが大きく異なり、Bi-Beam LEDヘッドランプは同じなのですが、Zグレード派LEDシーケンシャルターンランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイタイムランニングランプが採用され、一方のSグレード以下はターンランプ+クリアランスランプが標準装備されます。

こちらはエントリーグレードGと廉価グレードG”X”。

Gグレード以下になると、17インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)になりますが、これだけでも十分満足度は高そうです。

そしてGグレード以下になると、フロントグリル周りのフレームがシルバーからブラックに変更されるため、この点はグレード分けするうえで差別化されている大きなポイントにもなっています(新型アクア(New Aqua)もエントリーグレードはブラックのグリルフレームを採用している)。

そして新型カローラクロスのボディカラーは全8色ラインナップされていて、全てモノトーンのみとなっています(2トーンの設定無し)。

【新型カローラクロスのボディカラー一覧】

◇プラチナホワイトパール
◇セメントグレーメタリック
◇シルバーメタリック
◇アティチュードブラックマイカ
◇スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
◇センシュアルレッドマイカ
◇アバンギャルドブロンズメタリック
◇ダークブルーマイカメタリック

新型カローラクロスの斬新なLEDウィンカーの点滅の仕方とは?更にモデリスタのフルエアロを装着画像も!気になる続きは以下の次のページにてチェック!