トヨタ新型カローラクロスを購入しました!グレードはガソリンZ(2WD)でほぼフルオプション、ホンダ新型ヴェゼルとの比較インプレッションも実施予定

私が購入したトヨタ新型カローラクロスのオプションや残価率、納期などをチェックしていこう

ここからは、私が購入したトヨタ新型カローラクロス・ガソリンZ(2WD)のメーカー/ディーラーオプションや購入方法、納期などをチェックしていきたいと思います。

追加設定したメーカーオプション「パノラマルーフ」

まずはメーカーオプションをチェックしていきましょう。

今回のメーカーオプションにて個人的に注目しているのが、新型カローラクロスに設定可能なパノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付き)。

こちらは従来のサンルーフと同じ11万円(税込み)という金額にて設定可能のため、迷わず付けることにしました。

使い勝手としては、初代レクサスNXと同じ1枚モノのガラスが張られ、チルト&スライド機能は設けられていないものの、サンシェードは電動にて調整できるので、この辺りの使い勝手の良さと解放感をCセグメントSUVにて堪能できるのは嬉しいポイントだと思います。


ディーラーオプションのT-Connectナビキットは、半導体の供給不足により納車には間に合わない模様

そしてここ最近のトヨタ車両で頻繁的に発生しているのが、ナビ機能が搭載されているディーラーオプションのT-Connectナビキットですが、こちらは半導体の供給不足により、納車までに入庫してこない恐れがあるとのことで、納車後はナビ機能がしばらく使えない状態になることも。

つまり、しばらくはT-Connectナビキットが搭載されないまま所有することとなり、再入庫したタイミング(例えば1か月点検や半年点検など)にて、T-Connectナビキットを取り付けることになるそうです。

私が購入したモデルはガソリンタイプになるので、恐らく長距離移動での活用は殆ど無いと思われ、加えてテレビキットやCD/DVDキットもディーラーオプション設定していないので、街乗りメインにて活用できればと考えております。

ところで新型カローラクロスの残価率ってどれぐらいなの?

こちらは結構お問い合わせが多かったので、この場を借りて回答させていただきますが、新型カローラクロスの残価率は以下の通り、SUVモデルとしてはそこまで高くはない印象です。

2年残価率:60%
3年残価率:50%
4年残価率:45%
5年残価率:35%

支払い方法や納期はいつ頃に?

最後に支払い方法と納期についてですが、今回購入・契約させていただいた新型カローラクロスは、現金一括での購入とさせていただきました。

納期については、いまのところ「2021年以内」と回答は頂いているものの、昨今の諸事情による東南アジアからの部品供給の滞りや、半導体の供給不足による影響で納期遅れが生じる恐れも十分に考えられるので、この点は気長に待機していたいと思います。

正直新型カローラクロスを購入するとは予想もしておらず、これも何かのご縁だと思って購入させていただきましたが、同車の競合モデルとなるホンダ新型ヴェゼルも所有しているため、今後は並べての撮影や乗り比べインプレッション、質感の比較なども実施していこうかと考えています。

新型カローラクロスに関する最新情報や、インプレッション、維持費、メンテナンスなどはコチラにてまとめています。

☆★☆新型カローラクロス関連記事5選はコチラ!☆★☆