トヨタに続きダイハツも工場稼働停止を延長!主力モデルのトール/ルーミー/ロッキー/ライズ等を中心に計21日間は生産できず…MC版・新型タントの詳細情報もチェック

ダイハツも今回の工場稼働停止延長はかなりの痛手だと思う

以前、トヨタが2021年9月だけでなく10月分の工場稼働停止に関する具体的なスケジュールを公開し、新型ランドクルーザー300(New Land Cruiser 300)や新型カローラクロス(New Corolla Cross)、レクサス新型NXといった新型車が続々と生産遅れになるなど大きな話題となりましたが、これに合わせてダイハツも2021年10月分の工場稼働停止に関するスケジュールを公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

理由としては、トヨタ/レクサス同様に昨今の諸事情による東南アジア・サプライヤからの部品供給不足、あとは半導体の供給不足が影響しているとのこと。

そしてダイハツは、今回の工場稼働停止に関するプレスリリースを2021年9月21日に公開していますが、この日はマイナーチェンジ版・新型タント(Daihatsu New Tanto)の発売日でもあり、もちろんこのモデルも生産遅れの対象に含まれています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


具体的に、どれぐらいの期間工場稼働停止するのかチェックしていこう

早速ダイハツが公開した2021年10月分の工場稼働停止スケジュールをチェックしていきましょう。

【ダイハツ工場稼働停止スケジュール一覧(2021年10月分)】

[滋賀(竜王) 第2工場]
◇稼働停止日程:2021年10月1日~13日(合計9稼働日)
◇生産車種:ロッキー/ライズ/タント/シフォン/ムーヴキャンバス

[本社(池田)工場]
◇稼働停止日程:2021年10月11日~15日(合計5稼働日)
※コペンファクトリーは稼働
◇生産車種:トール/ルーミー/ジャスティ/ブーン/パッソ/コペン

[京都(大山崎)工場]
◇稼働停止日程:2021年10月1日、8日、15日(合計3稼働日)
◇生産車種:プロボックス

[ダイハツ九州株式会社 大分(中津)第1工場]
◇稼働停止日程:2021年10月1日、8日、15日(合計3稼働日)
◇生産車種:ハイゼットトラック/ピクシストラック/サンバー トラック/ハイゼットカーゴ/ピクシスバン/サンバーバン/アトレーワゴン/ウェイク/ピクシスメガ/タント

[ダイハツ九州株式会社 大分(中津)第2工場]
◇稼働停止日程:2021年10月1日(合計1稼働日)
◇生産車種:ミライース/ピクシスエポック/プレオプラス/ミラトコット/ムーヴ/ステラ/キャスト/ピクシスジョイ/タフト

上の画像にもある通り、ダイハツのラインナップモデルはほぼ全て対象となる一方、OEM供給にて販売しているトヨタやスバルモデルももちろん対象に。

特に乗用車としては圧倒的な人気と販売台数を誇るトヨタ・ルーミーが5日間稼働停止、更にトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーも9日間停止となるため、この停止期間が新車販売台数ランキングにどのように影響するのかが気になるところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

マイナーチェンジ版・新型タントの詳細な変更内容とグレード別価格帯は、以下の次のページにてチェック!