これは酷い…トヨタ・ランドクルーザープラドが盗難被害に→盗まれた男性は車に轢かれる→盗難車はその後事故で大破…更に新型ランクル300が納車されて僅か1か月で盗難被害に【動画有】

なお盗んだ犯人は、盗難&ひき逃げ&事故を起こしたにも関わらず現行犯逮捕ではなく事情聴取留まり

さてさて、2021年に入っても頻繁的に発生している自動車盗難被害ですが、今度は群馬県太田市にてとんでもない盗難事件が発生しました。

ANN Newsの報道によると、2021年10月14日の午前2時過ぎ頃、群馬県太田市のアパート駐車場に停められていたブラックのトヨタ・ランドクルーザープラド(Toyota Land Cruiser Prado)が盗まれる事態に。

車体が盗まれる直前、ランクルプラドの所有者は車両の近くにいたと見られ、所有者の隙を見て別の男が盗んだと予想されますが、その後ランクルプラドのオーナーは車両の前に立ちふさがるも、足を轢かれたとのこと(オーナーは軽傷で命に別状は無かったそうです)。


盗まれたランドクルーザープラドは、10分後に他車を巻き込んで大破

何とも理不尽過ぎる盗難被害ではありますが、実はこれだけでは終わらず、盗まれたランクルプラドは、約10分後に6kmほど離れた群馬県邑楽町の交差点にて、別の車に衝突する事故を起こして大破→警察に発見されたとのこと。

上の画像が事故したあとのランクルプラドになりますが、まさかこのような形で発見されるとはオーナーも予想していなかったでしょうし、散々な目に遭って自分自身も車も傷つけられて自分のもとに戻ってくるのは非常に悔しいのではないかと思います。

フロントバンパーは大破し、フロントエンジンも損傷しているものと予想され、更に足回りのサスペンションなどもダメージが大きいと思われますから、修理費用も相当なものではないかと思います。

なお今回の盗難被害並びにオーナーが足を轢かれるひき逃げ事件が起き、更には他車を巻き込んで大事故を起こすなど、これだけのことを起こしておきながら車両を盗んだ男が現行犯逮捕されずに事情聴取に留まっているのもおかしなところ。

事情聴取後に逮捕される流れにはなるとは思うものの、その一方で事故で大破したランクルプラドはどうなってしまうのかも気になるところです。

最近群馬県や愛知県での車両盗難(特にランクルやレクサスLX系)が後を絶たない

via:Twitter

なお群馬県では、先日ブラックカラーのレクサスLX570が盗難被害を受けたとの報告が入ったばかりですが、群馬県や愛知県でのランクルシリーズやレクサスLX570の盗難被害は全く後を絶ちません。

今回の盗難被害も、何かしらのトラブルが発生しての事件なのか、それとも窃盗団による単純な盗みなのかは不明ですが、最終的に車が戻って来なかったり、事故した状態にてオーナーの手元に戻ってくることほど悲しいことは無いですし、改めてこのような盗難被害が起きないように徹底した盗難対策を施しておく必要がありそうですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【「車が盗まれ足をひかれた」その後別の車に衝突も・・・(2021年10月14日)】

続いては、顧客にトヨタ新型ランドクルーザー300が納車されて1か月も経過していないのに盗まれるという被害が発生!気になる続きは以下の次のページにてチェック!