これは一体?トヨタ・カムリのバッジを付けたメルセデスAMG Cクラスが目撃される。更にヴィッツにアルファード風のグリルを設けた謎のオラオラカスタムが登場

メルセデスAMGをベースにトヨタ・カムリのバッジを付けたモデルは世界で初めてかも?

さてさて、世界には様々なカスタム・改造モデルが存在しますが、今回はインドネシアにて何とも奇妙なカスタムモデルが目撃され話題に。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その奇妙なカスタムモデルというのが、メルセデスベンツのハイパフォーマンスブランドとなるAMGが展開する4ドアスポーツセダンのAMG Cクラスで、このモデルをベースにトヨタ・カムリ(Toyota Camry)のバッジを貼付。

一体どのようなエクステリアに仕上げられたのか?早速チェックしていきましょう。


色々と違和感のあるメルセデスAMG Cクラス

こちらが今回、インドネシアにて目撃されたメルセデスAMG Cクラスをベースにした謎のカスタムモデル。

確かによ~く見てみると、フロントにはAMG特有のパナメリカーナグリルが設けられているものの、メルセデス特有のエンブレムではなくトヨタのCIマークエンブレムが貼付されています。

かなり違和感のあるカスタムですが、フロント部分はトヨタエンブレム以外特にこれといったカスタムは施していないようです。

リヤにはガッツリと”Camry”のエンブレム付

そして何とも驚きだったのがリヤビュー。

リヤテールランプやリヤディフューザー、マフラー、バンパー等は特に変更されていないものの、リヤエンブレムもトヨタのCIマークで、更に左側には”Camry(カムリ)”のネームバッジ、そして右下にはトヨタのハイブリッドモデルを意味するHYBRIDバッジも貼付されています。

トヨタ車をベースにメルセデスのラインナップモデルをカスタムする例はあるものの、反対にメルセデスをベースにトヨタ・カムリにカスタムするという例は聞いたことが無く、オーナーもどのような意図でカスタムしたのか、それともたまたまカムリが入手できず、自身の愛車であるAMG Cクラスにカムリの要素を加味したくなったのかもしれません(あくまでも推測です)。

何れにしても、こういったカスタムは生半可な気持ちでは出来ず、色んな意味で勇気の要ることだと思いますが、カスタムはオーナーの自己満足の世界なので外野が騒ぐことではないにしても、このカスタムに至った経緯だけが非常に気になるところです。

アルファード顔のヴィッツセダンが登場?

そしてこちらは、東南アジアにて目撃されたトヨタ・ヴィオス(Toyota Vios)をベースにしたオラオラ顔のカスタムモデル。

ヴィオスは、ヴィッツをベースにしたセダンモデルですが、ここに何とも奇妙な水平基調のバーをいくつも並べたアルファード(ALPHARD)風のフロントグリルを装備。

完成度としては決して高いものではなく、ヴィオスのフロントバンパーの上からそのまま貼付したものだと思いますが、このモデルもどういった経緯でアルファード風のフロントグリルを設けようという考えに至ったのか気になるところです。

海外では、アルファード顔のカスタムモデルが流行っている?ホンダや三菱、スズキにアルファードグリルを移植した奇妙なカスタムモデルは、以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Indra Radian Fathan(@indra_fathan)がシェアした投稿