かなり珍しい!フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ノアのウェルジョイン&内装フロマージュの実車を見てきた!改めてトヨタの充実したグレード構成に驚かされるばかり

見かける機会の少ないウェルジョイン仕様が特別展示

2022年1月13日に発表・発売されたトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ノア(Toyota New Noah)/ヴォクシー(New Voxy)。

これまで、以下の実車の内外装をインプレッションしてきましたが、今回はかなり珍しい「型式指定自動車&福祉車両」のウェルジョイン仕様をインプレッション。

◇ノア・ノーマルボディ(ガソリンG)×ホワイトパールクリスタルシャイン

◇ノア・エアロボディ(ガソリンS-Z)×グリッターブラックガラスフレーク

◇ノア・エアロボディ(ガソリンS-G)×レッドマイカメタリック

◇ヴォクシー(ガソリンS-Z)×グリッターブラックガラスフレーク

◇ヴォクシー(ガソリンS-Z)×マッシブグレー

トヨタでは、ウェルジョイン仕様以外にも、セカンドシートが回転して乗降り性を大幅に向上させるサイドリフトアップチルトシート装着車や、リヤテールゲートからの車いすの乗降りを大幅に向上させる車いす仕様もラインナップするため、そのグレード構成はかなり充実しています。


ウェルジョイン仕様の新型ノア・ノーマルボディを見ていこう

早速新型ノア・ノーマルボディのウェルジョイン仕様をチェックしていきましょう。

グレードとしてはガソリンGで、ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、そして内装はこれまた珍しいフロマージュとなっています。

フロマージュ系やベージュ系は、ブラックに比べると汚れやすいイメージがあり、試乗車・展示車でも様々な方が乗降りするため、色移りなどが目立ったりしますが、そういったシートの色味なども含めチェックしていきたいと思います。

フロマージュのコックピット周りを見ていこう

まずはコックピットから見ていきましょう。

フロマージュの色合いもあって、オールブラックに比べるとかなり明るい印象。

インパネ周りにもフロマージュのアクセントカラーが設定されるのも嬉しいところです。

そしてお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと珍しい8インチのディスプレイオーディオが搭載されていますね。

試乗車・展示車だと、少しでも上質さをアピールするために10.5インチのディスプレイオーディオPLUSを装備するデモカーがほとんどですが、このモデルでは2列目以降の乗降り性をPRするための仕様ということで、敢えてディスプレイオーディオは8インチのままにしたそうです。

センターシフト周りはこれまでと同じで、ガソリンタイプだとシーケンシャル&ストレート式のシフトノブを採用。

やはり新世代ミドルサイズミニバンで、メーターの流用はちょっとマイナス

メーター類は、中間グレードGになるため4.2インチのTFTマルチカラー液晶が中央に設けられ、両サイドにはアナログ式のメーターリングを搭載。

上位グレードZ/S-Zだと7インチモニターにグレードアップしますが、個人的には中間グレード以下が7インチ、上位グレード10インチぐらいのモニターにすることでもう少し特別感を加味するのも有りでは?とも思ったり。

フロントアームレストの質感はかなり高め

こちらは運転席もしくは助手席専用のアームレスト。

ここの素材はブラックの合成皮革になりますが、触り心地としては結構柔らかめ。

センターコンソールボックス付きのアームレストに比べてかなり柔らかい印象で、長距離運転時には重宝できそうです。

ウェルジョインの大きな特徴ともいえる2列目シートは、以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!