【価格は日本円で約330万円から】ホンダ新型HR-V(日本名:ZR-V)の内外装&グレード別価格帯が判明!新型シビックベースのプラットフォーム採用で見た目や走りもスポーティに【動画有】

2022-07-06

一足先に北米市場向け新型HR-Vの詳細が明らかに!

日本でも2022年秋頃に発表・発売予定となっているホンダの新世代CセグメントSUV・新型ZR-Vですが、2022年6月7日に北米市場向けの内外装デザインとグレード構成&価格帯が先行にて公開されています。

北米市場向けは、ZR-Vではなく新型HR-Vとして販売されることが明らかになっており、欧州市場や東南アジア市場ではヴェゼル(New Vezel)相当のモデルとして名付けられているため、ちょっとややこしいところも。

とはいえ、プラットフォームベースや内外装デザインの多くは、日本市場向け/中国市場向け新型ZR-Vと多くを共有する可能性が高いため、日本でも同車を検討している方は参考になるのではないかと予想。

早速新型HR-Vの内外装デザインやグレード、パワートレイン、そしてグレード別価格帯をチェックしていきたいと思います。


新型HR-Vのエクステリアをチェックしていこう

こちらが今回世界初公開された新型HR-Vのエクステリア。

前回ご紹介した中国市場向け新型ZR-Vと同じデザインで、ボディカラーもポリメタルグレーに近い色合いだと思いますが、北米市場向けのイメージカラーになるのかもしれません。

新型ヴェゼル(New Vezel)のような都会的でファストバッククーペをイメージしたボディスタイルはもちろん、どことなくオフロードっぽいスタイリングはCR-V寄り。

新型HR-Vのプラットフォームは、FL1型の新型シビック(New Civic)と同じグローバルモジュラーアーキテクチャーを採用するとのことで、SUVでありながらも低重心でスポーティな走りを提供し、走りの技術にも力を入れるHR-Vには期待したいところ。

フロントマスクはこれまでに無い欧州チックなデザインに

フロントマスクは何とも独特で、特にフロントのヘキサゴングリルはマセラティ・レヴァンテ(Maserati Levante)っぽい雰囲気がありますが、グリルパターンも今までのホンダには無い独特なヘキサゴン形状。

ヘッドライト意匠にも注目していくと、L字型のLEDデイタイムランニングライトは新型ステップワゴン(New STEPWGN)に近い印象で、リフレクター式の三眼LEDヘッドライトも、新型ヴェゼル/シビック/ステップワゴンと同じ。

ホンダらしい無機質さやシンプルな見た目は、他のブランドには無い一つ魅力で、そのなかでもフロントスキッドプレートや、無塗装ブラックのインテーク周りのパーツなど、このあたりのちょっとしたアクセントもグッド。

SUVというよりもステーションワゴン寄りで伸びやかに

サイドビューは、SUVというよりもステーションワゴンをリフトアップしたような印象で、都会の街並みにも馴染むようなオシャレな一台。

ベルトラインも水平基調に仕上げるのではなく、後方に向かって少しずつ上がってスマートに絞られていくのが確認できます。

フロント・リヤフェンダーはグロスブラックアクセントでスマートですし、足もとのシングル5スポークアルミホイールも力強さがありますね。

ちなみにボディサイズは、全長4,567mm×全幅1,839mm×全高1,610mm、ホイールベース2,654mm。

タイヤホイールサイズについては、各グレードにおいて異なります。

◇エントリーグレードLX:17インチアルミホイール(215/60R17インチタイヤ)

◇中間グレードSport:18インチアルミホイール(225/55R18インチタイヤ)

◇上位グレードEX-L:17インチアルミホイール(215/60R17インチタイヤ)

リヤクォータービューを見ていくと、やはりこの角度からだとSUVというよりもステーションワゴンやハッチバックっぽい印象。

リヤテールランプはジープっぽいU字型と水平基調を組み合わせたワイドな意匠に仕上げられ、リヤウィンカーもLEDを採用しています。

中国市場向けや日本市場向けと異なるポイントとしては、リヤマフラーフィニッシャーがリヤロアバンパーと一体型になっておらず、右側1本出しとシンプルにまとめられています。

2ページ目:北米市場向け新型HR-Vの内装やグレード別価格帯は?