遂に来た!(2023年)マイナーチェンジ版・ホンダ新型フィット4が2022年10月に発売予定!「NESS廃止でRSグレード新設定」「ガソリンエンジンは1.3L→1.5Lにアップ」等

2022-06-24

遂にマイナーチェンジ版・新型フィット4が登場するぞ!

2020年に4代目としてフルモデルチェンジを果たしたホンダ・フィット4(Honda FIT4)ですが、いよいよこのモデルが2022年10月にマイナーチェンジ版として発表・発売予定となっています。

いつもお世話になっているホンダディーラーにて取材させて頂いたところ、以下のスケジュールにて新型フィット4の先行予約、発表・発売を計画しているとのこと。

◇価格配信、先行予約開始:2022年8月上旬予定

◇発表・発売時期:2022年10月上旬

発表・発売までの計画以外にも、どのようなグレードがラインナップされるのか?新グレードRSは追加されるのか?

今回は、速報第一弾ということで紹介していきたいと思います。


マイナーチェンジ版・新型フィット4のグレードをチェック!遂にNESSが廃止となり、新グレードRSを新設定

まずは(2023年)マイナーチェンジ版・新型フィット4のグレード構成をチェックしていきましょう。

今回のマイナーチェンジにより、遂にスポーティグレードのNESSが廃止となります。

最初はライムグリーンのアクセントカラー、一部改良後はオレンジのアクセントカラーに置き換えられた特殊グレードのNESSですが、やはり全5グレードの中で最も不人気だったことから廃止に。

その代わりとして、先代以前よりラインナップされてきたスポーツグレードRSが新規設定されます。

従って、新型フィット4のグレード構成は以下の通り。

【(2023年)新型フィット4のグレード構成一覧】

◇BASIC[2WD/4WD]

◇BASIC e:HEV[2WD/4WD]

◇HOME[2WD/4WD]

◇HOME e:HEV[2WD/4WD]

◇CROSSTAR[2WD/4WD]

◇CROSSTAR e:HEV[2WD/4WD]

◇LUEX[2WD/4WD]

◇LUXE e:HEV[2WD/4WD]

[NEW]RS[2WDのみ/4WD] ← 2WDのみの誤り

[NEW]RS e:HEV[2WDのみ/4WD] ← 2WDのみの誤り

ガソリンモデルは1.3L → 1.5Lへと排気量アップ!

上の項目に有る通り、RS以外に前輪駆動(2WD)/四輪駆動(4WD)が設定され、エンジンもガソリンモデルとハイブリッドe:HEVの2種類が展開されるわけですが、ここで注目しておきたいのが、ガソリンモデルのパワートレインが変更されるということ。

これまでのフィット4は、ガソリンモデルに排気量1.3L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載してきましたが、排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジンに変更されます。

ハイブリッドe:HEVはモーター出力アップ&燃費向上で更に魅力的に

ハイブリッドe:HEVモデルに関しては、引き続き排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジン+デュアルモーターを組み合わせたハイブリッドシステムとなりますが、何とモーター出力を更に向上させ、燃費性能も向上するとのことで、今以上にパワフルでありながらも低燃費なe:HEVモデルというのは魅力的。

実燃費でも30km/L以上をたたき出す新型フィット4

私も以前は、フィット4 e:HEV LUXE(4WD)を所有していましたが、高速道路でも実燃費28km/L~32km/Lを達成していましたし、無給油で1,000km以上走行可能だったので、更にこれよりも低燃費で走れる可能性が高まるのであれば、車検を迎える前に買い替えるユーザーも増えてくるのではないかと予想されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

RSグレードでは6速MTは設定されない模様

そしてもう一つ注意しておきたいのが、今回のマイナーチェンジにて「RSに6速MTが追加される?」という噂がありましたが、残念ながら資料には「CVT/e-CVT」しか記載されていませんでした。

そうなると、RSグレードは今までのようにスポーツ志向でキビキビした走りを追求するグレードではなく、シンプルにNESSの置き換えという意味合いで設定されるグレードなのかもしれません。

この点については、後日更なる詳細な情報が展開される予定なので、判明次第展開できればと思います。

マイナーチェンジ版・新型フィット4では、予防安全装備も大幅に進化する?!気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!