注目するのはトヨタ新型BZやホンダ新型ピュアEVクロスオーバーだけじゃない!フォルクスワーゲン新型ID.6が中国・上海モーターショー2021にてデビュー決定

フォルクスワーゲンは中国市場を中心にピュアEVクロスオーバーを幅広く展開していく

いよいよ2021年4月19日のプレスデーより開始される中国・上海モーターショー2021にて、トヨタ初のピュアEVクロスオーバーとなる新型BZや、ホンダ新型ピュアEVクロスオーバーのプロトタイプが世界初公開されますが、その一方でフォルクスワーゲンからも全く新しいEVクロスオーバーが世界初公開されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回フォルクスワーゲンが発表するピュアEVクロスオーバーは、3列シートタイプのミドルサイズSUV・新型ID.6で、当初は中国市場限定での市販化を予定していたそうですが、将来的には北米市場での市販化も予定しているそうです。

一体どのようなモデルなのか?早速チェックしていきましょう。


アクティブとスポーティ、そして快適性を上手く両立するフラッグシップクロスオーバー?

こちらが今回、フォルクスワーゲンが公開した新型ID.6のティーザー画像。

サイドビューのシルエットを見るからに、クーペスタイルよりも少し武骨さのあるクロスオーバーにも見えますが、このモデルに採用されるプラットフォームは、アウディ/セアト/シュコダにも流用される次世代ゼロエミッション用MEBプラットフォームとのことで、今後数年間で登場する新世代ピュアEVモデルでも活用されるフレキシブルなアーキテクチャになるそうです(トヨタで言えばe-TNGAに近いかも)。

そしてボディスタイルを見ていくと、リヤテールゲートは大きく外側に張り出していないため、昨今のトレンドデザインでもあるクーペSUVではなく、どちらかというと後席の居住性やスペースを大きく確保するためのボックス型に近い印象です。

ただその一方で、リヤフェンダーの張り出しなどを見ていくと、かなりアクティブでスポーティな走りも両立する?ことも期待され、足回りのタイヤアルミホイールも大口径タイプを装着してくるかもしれませんね。

新型ID.6は大きく2種類ラインナップされる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう