遂に「GT-R/フェアレディZ」も対象だ。日産は2022年までに約40%のモデルをEV化へ

2020-05-26

遂に「GT-R/フェアレディZ」もEV化へ

日産が今後発売するであろう次世代スーパースポーツ「GT-R」や「フェアレディZ」に搭載されるパワートレインには、EVユニットが採用されることがわかりました。
この計画は、日産欧州が2022年までにEVユニットを搭載したモデルを全体の40%にまで拡大するとのことで、その中の対象として次世代「GT-R/フェアレディZ」も含まれていることが明らかとなりました。


EV化はそこまで難しいことではない

今回のEV計画について、マーケティングトップのJean-Pierre Diernaz氏によれば、「スポーツカーは間違いなくEVから多くのメリットを得ることができる。しかも内燃機関の変更よりも非常に容易である」とコメントしており、早期的にEV化へと置き換えることも可能であることを示唆しています。
ただ、こういったEV化によって排出ガスを抑制することは容易となり、燃費の向上やパワーアシストは可能となるものの、スポーツカーにとって重要な要素となる重量というファクタについては永遠の悩みどころに。

但し、EV化によって大きな問題点も

今回のEV化というのは、オールエレクトリックつまりは電気自動車になるというわけではなく、ハイブリッドエンジンが採用されることを意味しているため、こうしたハイブリッド技術は環境性能の面では大きく貢献できても、ニッチなスーパーカー業界での活用法としてはまだまだ難しい立場にあるでしょうね。

一方でオールエレクトリック化であれば、内燃機関やトランスミッション、エキゾーストマニホールドは完全に排除されるため、大幅な軽量化は図れますし、エキゾーストサウンドも擬似的に作ることも可能ですから、メリットは非常に多いことでしょう。

☆★☆日産「GT-R」関連記事4選はコチラ!☆★☆

日産・次期「GT-R」は全く新しいデザインで登場。構造から何から全てが変わる←「GT-R」の面影は無くなる?(2018/8/2投稿)
日産幹部「GT-Rは世界で最も速いスポーツカーになる。次世代GT-Rも開発中だ」(2018/7/16投稿)
日産×イタルデザイン「GT-R 50 by Italdesign」がグッドウッド初走行。コンセプトそのものの完成度、エンジンサウンドは完璧【動画有】(2018/7/13投稿)
日産×イタルデザインの共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」がグッドウッドにてデビュー。価格は何と1.2億円だ!(2018/7/9投稿)
ベースは「GT-R Nismo」。日産とイタルデザインが50周年を祝う共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」が世界初公開(2018/6/29投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう