意図的であり不運過ぎる。日産「GT-R」にコンクリート片が投げ込まれドライバに直撃→ドライバは死亡【動画有】

2020-05-27

これは遊びやイタズラレベルではない、殺人だ

アメリカ・テネシー州のナッシュビルにて、走行中の日産「GT-R」に橋の上から投げ込まれたコンクリート片がフロントガラスを突き破り、ドライバの頭部に直撃するというとんでもない事故が発生しました。
この事故により、日産自動車の社員であるJoe C. Shelton Jr(54)氏が死亡したことがわかりました。


コンクリート片は縁石に似たもの

この恐ろしい事件の詳細については、今のところ不明で調査中ではあるものの、メトロナッシュビルPDからの情報では、Shelby Avenue橋から何者かがコンクリート片を投下した可能性が高く、さらに具体的な調査をしてみると、そのコンクリート片は道路の縁石に近いものであると報告しています。
コンクリート片の重さは約9kgと非常に重く、この個体で殴りつけられたら死亡は確定ともいえる凶器ですが、これが橋の上から落下し、しかも頭部に直撃したら、それはひとたまりもないと思われます。

なお、こうした橋の上から岩のようなものを投下する事件は、今年初めにミシガン州でも起きていて、そのときは10代の男性5人が遊び半分で投下し、車のフロントガラスを破壊してドライバにヒットする事故が発生、最終的に病院に搬送されるも死亡していたことが発覚しています。

【Driver killed after concrete goes through windshield; police say ‘likely thrown’】

☆★☆事故・クラッシュ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう