トヨタの新型ハッチバックモデル「グランツァ(Glanza)」が遂に販売スタート。グレードは4種類、価格は約113万円から

2020-05-27

~新型「グランツァ」が遂に販売スタートへ~

インド市場専売モデルとなるトヨタ(Toyota Kirloskar Motor)の最新ハッチバックモデル「グランツァ(Glanza)」が遂に販売スタートとなりました。
これまで何度もリークしていることもあり、そのデザインは既に明らかにされていましたが、改めてそのフロントデザインを見てみると、スズキとのパートナーシップを結んでの一発目のモデルということもあり、結構スズキ色の強い風合いとなっていますね。

「グランツァ」は、そのフロントフェイスのデザインを見てもお分かりの通り、ベースはマルチ・スズキの「バレーノ」がベースになっています。
エンジンの多くもスズキの共同開発ということもあって、マイルドハイブリッドを採用したグレードもラインナップされています。
ボディカラーは5種類とのことで、カフェホワイト/スポーティンレッド/インスタブルー/ゲーミンググレー/エンティシングシルバーをラインナップしています。


~デザインや品質は「バレーノ」以上!~

外観においては、デイタイムランニングライトとフォローミーホーム機能付きとなるオートLEDプロジェクターヘッドランプや、16インチダイヤモンドカットアルミホイール、ライトガイド付きLEDリヤコンビネーションランプ、UVプロテクションガラス、Apple CarPlay搭載の7.0インチタッチスクリーンインフォテイメントシステム、Android Auto及びスマートフォンベースのナビゲーションもラインナップしているため、かなり利便性を高めた一台となっています。

安全装備については、デュアルフロントエアバッグやEBD&BA付となるABS機能、ISO FIXチャイルドシート固定プラグ、リバースパーキングセンサー、リバースパーキングカメラ、スピードアラートシステムが標準装備されています。

気になるパワートレインについては、大きく2種類のエンジンオプションがラインアップされていて、排気量1.2L 直列4気筒BS-VI自然吸気エンジンを搭載し、最高出力83ps/最大トルク113Nmを発揮。
トランスミッション5速MTまたはCVTの何れかから選択が可能で、燃費はMT仕様で21.01m/L、CVT仕様は19.56km/Lを実現します。

その他には、同じエンジンを搭載しながらもマイルドハイブリッドを搭載したモデルもラインナップされ、最高出力89.7ps/最大トルク113Nmを発揮。
トランスミッションは5速MTのみ、燃費は23.87km/Lと非常に優秀な数値を得ています。

トヨタはその他にも、スズキ「バレーノ」の走行保証40,000km/2年よりも更に長い、100,000km/3年の標準保証に加え、任意で220,000km/5年スペシャル保証も準備しているとのこと。

なお、気になるグレード別価格帯は以下の通りとなっています。

【新型「グランツァ」グレード別価格帯一覧】
・1.2Lガソリン+マイルドハイブリッド G(MT):約113万円
・1.2Lガソリン V(MT):約118万円
・1.2Lガソリン G(CVT):約130万円
・1.2Lガソリン V(CVT):約139万円

☆★☆スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう