フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のインテリアレビュー続々!何とリヤシートは「N-BOX」同様にチップアップ可能で広々快適に!【動画有】

2020-05-27

~新型「フィット4」のインテリアは想像以上に完成度が高い~

さて、先日10月23日に東京モーターショー2019にて世界初公開されてホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」ですが、早くも外観やインテリアをレビューした動画が続々とアップされていますね。
今回ご紹介するのは、clicccar TVさんによる新型「フィット4」のインテリアレビューなのですが、これが想像以上に実用的で非常に魅力ある内容になっています。

ちなみに上の画像が最もシンプルでスタンダードグレードとなるホーム(Home)なのですが、シートはホワイトを基調としたプライムスムース×ナチュラルテキスタイルを採用したファブリックと合成皮革のコンビシートでかなりの高級感がありますね。

また2スポークステアリングはハイブリッド仕様のみ本革ステアリングを設定していて、ホワイトのアクセントがステアリングの下半分やセンターコンソール、そして内ドアにもしっかりと加味されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~親しみや乗り易さ等を求めるあまり、失われている装備も~

こちらが運転席のインフォテイメントディスプレイ。
センターに7インチのディスプレイが搭載され、速度もデジタルでの表示となり両サイドにはライトやエンジン警告、給油警告といったマークが配置されていますね。
そして右側にはエンジンスタータースイッチ、左側にはインフォテイメントディスプレイの輝度調節が配置されています。

ただ個人的に非常に残念なのが、今回公開されているHome含め、Luxe(リュクス)等のグレードでもパドルシフトが搭載されていないのがマイナスポイント。
スポーティタイプのNess(ネス)やSUVテストのCrosstar(クロスター)では設定されるかはわからないものの、こうした装備を求めるユーザーも多いとは思うので、この辺りはしっかりと注目しておきたいところです。

そして気になるフロントシェード内側のミラーですが、これはどうやらライトはついておらずミラーのみ。
ただ、これはグレードがスタンダード仕様のHomeなので、もしかしたら上位グレードになるとライトも設定されているかもしれませんね。

こちらはセンターコンソール。
非常にシンプルなデザインで、センターシフトノブにはしっかりとシフトブーツが設定され、かなり高級感がありますね。
あとは手前に電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドも設定されているので実用性もかなり高そう(ハイブリッドモデルは全グレード標準装備)。

シフトノブの先には12Vのソケットタイプとなる電源やUSBのコネクトも1口だけ装備していますね。

~後席には「N-BOX」にも採用されているアノ機能も!~

こちらが後席スペース。
これが意外と広いとのことで、家族での長距離移動も問題なく出来そうですね。

そして個人的に驚いたのが、何と「N-BOX/N-BOX Custom」にも採用されているリヤシートのチップアップも設定しているとのことで、かなり充実した空間を確保することが可能となっています(これは私の勉強不足でした…)。

最後はトランクルーム。
意外にも結構低い位置にあるので、高さのある荷物も簡単に入りそう。

おまけにリヤシートも左右独立にて前方に倒すことができるので、長尺モノの荷物等も載せることができますし、タイヤ4本も載せることが可能でしょうね。

【【新型フィット】一気に5モデル登場、内装イメージ一新[clicccar公式 第2チャンネルです]】

【ついに登場!ホンダ新型フィット! とホンダeも見てください!】

【【新型】フィット4 最速レビュー 東京モーターショー2019】

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう