フルモデルチェンジ版・レクサス新型「IS F」は登場しない可能性が高い模様。レクサスTop「今のところ予定はない。但し別の特別なクルマを登場する予定だ」

2020-05-27

スポンサーリンク

~セダンの販売低迷も影響してか、次期「IS F」の市販化は後回しに?~

以前より度々噂されていたレクサスのフルモデルチェンジ版・新型ハイパフォーマンスモデル「IS F」ですが、どうやらこのモデルが登場する可能性が限りなく低いことが判明。

っというのも、レクサス・オーストラリアのトップであるスコット・トンプソン氏の説明によると「新型IS Fに関する議題は計画に挙がっておらず、現時点ではリリースする予定はないが、別のモデルをリリース計画がある」と説明したようで、その別のモデルというのがおそらく、新型「LC F」ではないかと予想されています。

またパワートレインについても、(もし登場するなれば)現在「RC F/GS F/LC500」等に採用されるような排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンではなく、「LS500」に搭載されるような排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載する可能性が高いとのことで、出力/トルク共に非常にパワフルなモデルとなることは間違いないでしょね。

スポンサーリンク

~ただし次期「IS」の開発は継続しているとの噂も~

ちなみに、次期「IS」に関する新しい情報はこれといってありませんが、これまで噂されていた情報をまとめてみると、外観としては基本的にはオーバーホールされたものとなり、レクサスを象徴とするスピンドルグリルを大口化し、三眼LEDフロントヘッドライトとL字型デイタイムランニングライトのハウジングを独立にしていたものを、「UX/CT」と同様にフロントヘッドライトの真上(眉毛っぽい感じ)へと一体化させる可能性が高いとのこと。

またグレードに関係なく、フロントのスピンドルグリルはメッシュタイプへと共通化する可能性があるとのことで、「UX/CT/RC/LS/RX」と同じになるとの情報も。

気になるエンジンラインナップについてですが、これまでと変わらずの排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載する「IS300」、排気量2.4L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+電気モータを搭載のハイブリッドモデルの「IS300h」、そして最上位グレードとなる排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載する「IS350」になると思われます。

☆★☆レクサス「IS」関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう