(露)トヨタが新型特別仕様車「カムリS-Edition」を発表!日産っぽいNISMO風アクセントを追加、「ロシアの歴史の中で最もダイナミックなモデル」に

2020-05-27

スポンサーリンク

~意外と日本でもウケそうなスポーティスタイル~

ロシア市場にて、トヨタのミドルサイズセダン「カムリ(Toyota Camry)」をベースにした特別仕様車「カムリSエディション(Camry S-Edition)」が世界初公開・発売スタート。
このモデルは、外観やスタイリング、インテリアのアップグレードに加えて、ボディカラーはホワイトパールとブラック(ルーフ・Aピラー・ミラーキャップ・トランクリッドスポイラー・ドアインサート)の2トーンカラーを採用した引き締まった一台となっています。

スポンサーリンク

~日産NISMO風のピンストライプも入り、その見た目はよりアグレッシブに~

この他のデザインを見ていくと、トヨタ・ロシアによれば「カムリはロシア市場最もダイナミックなモデル」と説明しているそうで、特にフロントグリルのデザインは相当なインパクトを与えているとのこと。

この他特別装備としては、2トーンカラーの18インチ合金ホイールや日産のNISMOに倣うようなレッドのピンストライプが入ったフロント・リヤバンパー、ブラックインサートのテールライト、Sエディションのロゴが追加されています。

~インテリアもスポーティをテーマにしたブラックとレッドの2トーンを採用~

インテリアも見ていきましょう。
全体的にスポーティさをテーマした内容になっているそうで、スポーツフロントシートや水平基調且つ引き締まったデザインのダッシュボード、レッドのカラードステッチが入ったセンターアームレストが確認できますね。

シートのカラードステッチやセンターストライプにもレッドを追加。
標準でこういった装備が付くのは非常にうれしいポイントですね。

なおパワートレインはアップグレードされず、排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力181ps/最大トルク231Nmを発揮。
トランスミッションは6速ATのみ、駆動方式は前輪駆動(FF)のみをラインナップします。

気になる車両本体価格は約367万円からですが、LEDヘッドライトやトヨタセーフティセンスキット、ウィンターコンフォートヒーターパッケージといったオプション類も全て標準なので、ほぼメーカオプションは無しとのことです。

☆★☆「カムリ/アバロン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう