えっ?千葉県の交差点にて、予想の右斜め上を行く危険運転を行う軽自動車(日産「モコ」)が登場。なお警察は厳重注意だけで済ませる始末【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~これだけドラレコが普及し、あおり運転が問題視されているのにナゼ危険運転は無くならない?~

千葉県某所の交差点付近にて、とんでもない運転をする日産「モコ」が大きな話題を呼んでいます。
動画が公開されている初期の方では、若干車間距離を詰めている?という程度に思えたのですが、この後の行動が予想の右斜め上を行くものに。

スポンサーリンク

~一体どのような危険運転を行ったのか?~

まずは「モコ」の前方にいる軽自動車が、右折するため右側の車線に移動しようとするも、それを待ちきれなかったのか、「モコ」は大回りで歩道に入り込みながら追い抜きをします。

その後交差点に進入し、そのまま勢いよく直進していくのかと思いきや…?!

いつ事故を起こしてもおかしくな危険過ぎる右折

何と急ブレーキをして、直進・左折専用道路から無理やり右折するというとんでもない自殺行為に。
これには右折先頭車両がびっくりして急ブレーキを踏んでいます(あおり運転とかそういった次元の話ではないような気もする…)。

あまりに乱暴な運転をする「モコ」のドライバですが、なぜこのような危険行為に至ったのかはわかっておらず、しかし常軌を逸した行動であることにはかわらないですし、いつ事故を起こしてもおかしくないレベルではあります。

以下が実際に撮影された「モコ」の危険すぎる運転動画ですが、これで何も事故が起きなかったことが奇跡だと思いますね。

なお、以下のツイートにもありますが、今回の危険運転動画を動画投稿者が警察に連絡したところ、警察は「注意」だけで済ませると回答。
いつ人が亡くなるかわからないような危険運転をしておきながら、これを注意だけで済ませると判断する警察も中々に理解しがたいものがありますね。

~事例は違うものの無理に”行ける!”と判断するような運転は避けたほうが良い~

2020年1月27日の午前8時20分ごろ、名阪国道の伊賀一之宮付近にて、左側車線から猛スピードにて追い抜きを仕掛けてくるブラックのトヨタ「ハイエース(Toyota Hiace)」が登場し、危うくトラックの板挟みでとんでもない事故へと発展しそうに。
上の画像の通り、「ハイエース」よりも前方には合流車線から登ってくるトラックが登場していますが、「ハイエース」は減速することなくトラックの合流を阻止する行動に。

~自分勝手な運転で招いた危険な事態。更にトラックと接触しているようにも見えるが…~

おそらく死角で見えていなかったであろうトラックが左側車線へと合流していきますが、咄嗟に「ハイエース」の姿が見えたのか速度をある程度緩め、更に右側車線を走行するトラックは接触を避けるために、ブレーキをしつつ更に右側へと移動するも、左右のトラックによって「ハイエース」を板挟みする状態に。

「ハイエース」が減速をして、合流車線から来るトラックを譲っていればこのようなことにはなっていませんでしたし、明らかに右側車線にいたトラックと接触しているようにも見えるんですけどね…これ大丈夫なんでしょうか?

その後右側車線を走行するトラックが加速し、「ハイエース」は何とか左側車線へと移動するも、おそらく相当にパニックになっていたのでしょうね。右ウィンカーが点灯しっ放しでしばらく走行することに。

その後何事も無かったかのように通り過ぎていますが、トラックドライバのテクニックが無ければ、危うく大事故へと発展していたかもしれませんね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう