クレイジーすぎる…スバル「BRZ」に大排気量V8エンジンをぶち込んだ過激カスタムモデルがモナコに登場。ヤバすぎるオーバーフェンダー&ドロドロサウンドを早速聞いてみよう【動画有】

2020-05-27

~クレイジーな外観は国内でも見れるが、大排気量エンジンをぶち込んだ「BRZ」はモナコが初かもしれない~

モナコにて、過激すぎるカスタムを施したスバル「BRZ」が登場。
明かに普通ではない見た目を持つ「BRZ」ですが、ステルスチックなマットグレーのカラーラッピングに身を包み、更にイタリアのアフターパーツメーカーであるBrill Steel Motorsport社によってカスタムされた外付けリベット留めのオーバーフェンダー&19インチ極太ホイールを装着することで更にワイド感を演出していますね。

ただ、日本のカスタムモデルと異なるのは、足回りはそのままでリバティーウォーク等のようにシャコタンの族車風にしていないところはユニークなところ。


~エンジンはシボレー「コルベット」と同じLS3型のV8スーチャー~

そしてフロントフード内には、スバル本来の排気量2.0L 水平対向4気筒自然吸気エンジンを完全に排除し、GM社供給の大排気量LS3型V型8気筒スーパーチャージャーエンジンをスワップするというド変態仕様に。
もちろん、純正のフードでは完全にクローズできないため、ダクト付きとなる社外エンジンフードを装着しています。

このユニットは、シボレーの2シータスポーツクーペ「コルベットC6」用に搭載される大排気量エンジンと同じもので、更に「BRZ」用にインタークーラやインテークマニホールド、ECUを一新・調整することで最高出力580ps/最大トルク912Nmを発揮。
エンジンスペックだけを見てみると、ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンといったエントリーグレードに匹敵するパワーを持っていますが、肝心の直線性やコーナリング性能は不明。

~そのエンジンサウンドはまさにアメ車と同じドロドロ~

リヤデザインもかなりヤバイのが伝わってきますね。
大きく反りあがったダックテールスポイラーを備えるボディキットに加え、マフラーからはアメ車V8エンジンの大きな特徴でもあるドロドロサウンドを解き放ち一気に加速していきます。
見た目は国産車なのに、中身はアメ車というギャップにも驚きですが、こういったクレイジーなカスタムモデルがモナコにて多数存在しているというのも面白い話ではありますね。

【Subaru BRZ by Brill Steel Motorsport – 580hp V8 LS3, 900Nm, Street Legal Beast!】

☆★☆「BRZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう