トヨタ新型「アバロン」に過激なワイドボディキットを装着してみた。リバティーウォークに匹敵するシャコタン&オーバーフェンダー仕様でゴリゴリに

2020-05-27

~ここまで過激なワイドボディキットを装着した「アバロン」は見たことがない~

北米トヨタが販売する大型上級セダン・新型「アバロン(Toyota Avalon)」に過激なワイドボディキットを装着したら?というレンダリングが公開されています。

今回公開されているモデルはBrad Builds氏によって作成されたオリジナルレンダリングとなりますが、そのデザインベースはNASCARのような過激なレーシングモデルをイメージしているそうで、明らかに従来のモデルとは異なるゴリゴリ仕様へと変貌していますね。

具体的には、新型「アバロン」の大口化されたフロントグリルはそのままに、フロントバンパーやフロントカナード、更にはフロント・リヤフェンダー、フロントスプリッター、サイドスカートと社外製のワイドボディキットを装着しています。


~ゴリゴリ感とガンダムチックなアグレッシブデザインは日本でもウケそうだが?~

フロントフェンダーの張り出し方はこんな感じ。
一体何mmワイド化されているのかわからないぐらいの張り出し方をしていますが、完全にタイヤを覆わずに一部むき出ししている辺りも中々に思い切ったことをしていますね。
おまけに足元のアルミホイールもマルチスポークタイプでブラックペイント処理され、低扁平且つ極太のタイヤを装着することでダイナミック感を演出(これで何インチになるのだろうか…)。

そしてこちらがリヤデザイン。
リヤフェンダーもかなりワイドで、タイヤもシャコタンで若干のキャンバー角が設けられています。
更にリヤフェンダーカナードや複雑なリヤディフューザー、両サイド1本出しとなるデュアルエキゾーストシステム、巨大な固定式リヤウィング等、今にもNASCARとして出走してもおかしくないほどの完成度を誇っています。。

この角度から見る新型「アバロン」も派手。
全幅2,000mm超えは確実かと思いますが、やはり気になるのは走行性能や乗り心地でしょうね。
今回はあくまでもイメージレンダリングなので実際には存在しないものの、いずれはこうした過激モデルが登場してもおかしくないとは思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loving the way the taillights here match the curves of the rear fenders. I originally made this kit for a Subie, but I’d say the Avalon rocks it hella well. . . I love making these pieces. Something about seeing average ass cars go from your daily driver to your track slut always makes me smile. I appreciate all the support you guys give me here and I always look forward to your hearing your thoughts; both positive and negative 😂 . . Wheels by @1221wheels 🔥 . . #rocketbunny #formuladrift #showcar #slammedenuff #airliftperformance #coilovers #rwd #gettinlow #carculture #rotiform #cleanculture #slammedsociety #wheelporn #airsociety #carsovereverything #lowerstandards #tuningcar #lowcar #carlove #caroftheday #usdm #carstagram #cargram #twinturbo #jdmculture #rims #airsuspension

BradBuilds | Cars(@bradbuilds)がシェアした投稿 –

☆★☆「アバロン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう