意外と有りそうで無かった!ホンダ「シビック・タイプR」を2ドアクーペ仕様にしてみたら?ホイールもFD2型のホワイト仕様で結構イケてるかも

2020-05-27

~何故か今まで登場してこなかった「シビック・タイプR」の2ドアクーペ仕様~

ホンダは先日、マイナーチェンジ版・新型「シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)」をベースにした国内限定200台(世界限定1,000台)となる特別仕様車「シビック・タイプR”Limited Edition”」と、欧州限定モデルの「シビック・タイプR”Sport Line”」を世界初公開し、再度その注目を浴びていますが、今回はちょっと方向性を変えた新しいレンダリング画像が公開されています。

その新しいレンダリングというのが、海外の自動車ニュースサイトCar News Networkによって作成された”2ドアクーペ仕様”の「シビック・タイプR」で、上の画像にもある通りマイナーチェンジ前のフロント・リヤデザインを持ち、更に足元のアルミホイールは3代目となるFD2型のホワイトアルミホイール(スポーク数は異なりますが…)を装着した新旧融合モデルとなっていますね。


~2ドアクーペだけでなく、その他の部分も小変更が入っている~

改めてフロントプロファイルから見ていくと、確かに4ドアハッチバックタイプから、2ドアへと変更されたことでドア一枚の面積が大きく拡大。
ボディスタイルとしては、現行「シビックSi」のような2ドアクーペに近いスタイリングだと思うのですが、これはちょっと賛否が分かれそうなデザインにも思えますね。
あとはスタイリッシュさを強調させるために、フロント両サイドに設けられた4口のダクトが排除されているのもちょっと違和感。

リヤデザインはこんな感じ。
よ~く見てみると、リヤテールランプが延長されて直結式に変更。
近代的なデザインへと改良され、おまけにセンター3本出しマフラも上部に移行されているがわかりますね。
あとはリヤトランクの少しコンパクトになったぐらいでしょうか。
全体的に中央に寄せられた感じに思えますが、このあたりは特に変更しなくても良さそうな気もしますね。

こちらが従来のマイナーチェンジ前となる現行「シビック・タイプR」。
4ドアスタイルでブラックペイント処理されたアルミホイールを装着しています。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう