日産の新型EVクロスオーバー「アリヤ・コンセプト」は2020年初頭に登場する模様。もしかしてこれが噂の後継モデル「SUV版リーフ」として登場する?

2020-05-27

~そもそもこの状況下で「アリヤ・コンセプト」を市販化できるかは微妙なところ~

さて、以前より度々話題に挙げられている日産初のEVクロスオーバー「アリヤ・コンセプト(Nissan ARIYA Concept)」ですが、何とこのモデルが2020年初頭にデビューすることが、日産関係者の情報より明らかになりました。

まだ正式に日産の方から発表はされていませんが、日産のデザインを担当してきた人物の情報によれば、「アリヤの市販モデルは、コンセプトモデルのボリューム感等、基本的な部分は踏襲される方向になり、来年初頭にデビューする」と説明していたとのこと。


~「リーフ」がSUV化&名称変更するとの情報も入っているが?~

その一方、日産の主要EVモデルともいえる「リーフ(Leaf)」も名称を変更し、更にはSUV化する方針で話を進めているとのことから、もしかすると「アリヤ・コンセプト」の市販版が、「リーフ」の後継モデルとして登場する可能性も?と考えたり。

ただ、「リーフ」のSUV化と名称変更に関しては、2024年まで話が持ち込まれるとのことから、さすがに2021年初頭に登場する可能性は低いと思うので、そう考えると「アリヤ・コンセプト」と「リーフ」は全くの別物として考えた方が良いのかもしれませんね。

~但し、このままいけば「アリヤ・コンセプト」は失敗に終わってしまう可能性も~

一方、海外の自動車ニュースサイトAutomotive News Europeの情報によれば、新型「アリヤ」は当初、インフィニティブランドとして販売する計画にあったそうですが、それを日産ブランドとして販売することに加え、量産版としての価格帯は約600万円~約840万円の価格帯になる可能性があるとのこと。

これだけの価格帯ともなると、同社ラインナップモデルでは「シーマ(Cima)/フーガ(FUGA)」レベルの高級モデルとなり、フォードやテスラ、更には欧州市場のEVモデルに匹敵する高級車両となりますが、日産が本当に社運をかけて業績アップを目指すために販売する車両なのかは非常に疑問に残るところ。

明らかに収益性を得る為だけに設定された価格設定となっていますが(おそらくパーツ類もそのほとんどが中国製になると予想)、本当にこの価格帯にて販売されるのであれば、日本国内はおろか、最も力を入れていくであろう欧州市場でも失敗する可能性があるのではないかと思いますね。

なお、日産は最近になって欧州市場のほとんどでインフィニティブランドをほぼほぼ撤退する計画があるとの噂もあり、更に以前オーストラリア市場でも完全撤退することを発表したところ。
日産はどのようにして、今回の新型EVクロスオーバー「アリヤ」を販売していくのか、ターゲットユーザーはどういった層なのか、この辺りの考えを是非とも聞いてみたいところです。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Yahoo!ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう